Kindai Picks

研究・教育

2020.08.05

「近大マグロの、父と母。」 -第1回 原田氏、近大水研へ-

Kindai Picks編集部

1684 View

tag
水産研究所
マグロ
近大マグロ
オリジナル記事

グランフロント大阪、東京銀座に続き、2020年8月3日 東京駅構内グランスタ東京に養殖魚専門料理店「近畿大学水産研究所 はなれ」がオープン!あわせて、近大マグロ誕生に至る養殖研究エピソードのコラムがスタート!小芝風花さん主演ドラマ「TUNAガール」の監督・脚本をつとめた安田真奈氏が、原田輝雄教授(故人)と、かをる夫人の素敵なエピソードをご紹介します。

▼-第1回 原田氏、近大水研へ-
▼-第2回 海を耕したくても-
▼-第3回 養殖の父&白浜の母-
▼-第4回 ブリの子守-
▼-第5回 夫婦で突進-2020
▼-第6回 究極の養殖魚-
▼-第7回 傷つきやすいダイヤ-
▼-第8回 魚飼いのプライド-
▼-第9回 不可能を可能に-
▼-最終回 マグロの嫁入り-

試行錯誤の32年

マグロのイメージといえば…、巨体、獰猛、突進、美味。特に高級魚で人気の高いクロマグロは、3m、500㎏に成長するものもあります。一本釣りのドキュメンタリーで大暴れする姿を見て、迫力に驚いた方も多いのではないでしょうか?ところがクロマグロは、あんなに獰猛で巨体のくせに、とてもか弱くて、飼育が非常に難しいのです。


イケス内を泳ぐ近大マグロ(近畿大学水産研究所大島実験場)

そんなクロマグロの養殖研究が始まったのは、1970年(昭和45年)。水産庁委託研究「マグロ類養殖技術開発企業化試験」として、近畿大学をふくむ複数の学校・機関が取り組みました。しかし成果は上がらず、研究期間は3年で終了。その後は近畿大学のみが独自に研究を続け、2002年(平成14年)、世界で初めて「完全養殖」に成功しました。今やすっかり有名になった、「近大マグロ」の誕生です。研究開始から成功までにかかった年月は、32年。なかなかの長期戦です。その間、昭和は平成にかわりました。黒電話は一人一台のスマホとなりました。電子計算機はパーソナルコンピューターとなり、バイオテクノロジーなど新ジャンルの研究も進展しました。大きく時代や環境が変わりゆく中、ストイックにクロマグロと向き合いつづける、試行錯誤の32年でした。

しかし…、水産研究所の方に色々お聞きするうちに、「これは32年どころの苦労ではないな…!」と思うようになりました。そもそもクロマグロの研究に着手できたのは、それに先立つ、ブリ・ハマチ・タイ・ヒラメなどの養殖研究があったからこそ。何もかもが手探りの時代に、奮闘した方々がいらしたからこそ、なのです。研究所の方々はおっしゃいました。「近大マグロは、原田夫妻のご苦労無しには、決して実現できなかった」と。不屈の精神で研究を重ね、「海水魚養殖の父」と呼ばれた近畿大学農学部水産学科教授・原田輝雄氏(故人)。夫のみならず、職員や学生たちのお世話に奔走し、今でも「白浜の母」と慕われている原田かをるさん。このコラムでは、昭和の戦後まもない養殖黎明期から、平成の近大マグロ誕生にいたるまでの、原田夫妻と水産研究所の皆さんの奮闘を紹介したいと思います。


「近大マグロの父と母」原田輝雄氏と妻かをるさん

海のない長野から

原田氏は、1926年(大正15年/昭和元年)6月、長野県下伊那郡座光寺村(現飯田市)のお生まれ。6人兄弟の4番目で、ご実家は農業と養蚕業・養鯉業を営んでいたそうです。この地方では、水田灌漑用の水路を利用して庭に池を作り、鯉を養殖する農家が多かったとのこと。海からは遠い土地ですが、庭先で鯉が育てられていたり、小川にいけば淡水魚や貝類に触れ合えたりと、原田氏は魚に親しみながら育ちました。そして原田氏は、幼少期から頭脳明晰で、集中力も抜群だったそうです。コツコツ勉強したり、黙々と本を読んだり、出された課題は積極的に取り組んだりと、誰もが認める勤勉さ。感心した小学校の先生が、わざわざご両親を訪ねて、「輝雄君は大変優秀です。ぜひ中学へ進学させてあげてください。」と勧めたほどです。卒業して進学するのはクラスで数人、学費もかかるので誰もが気軽に選べる進路ではない、という時代。


「海水魚養殖の父」と呼ばれた原田輝雄氏

しかしご両親は、養鯉の稼ぎを元手に、原田氏を県立飯田中学校へと進学させました。「親にも先生にも期待されている。進学できない兄弟もいる中、学ばせてもらっている…」そんな感謝の念を抱いた原田氏は、さらに勤勉さに磨きがかかります。やがて時代は、太平洋戦争へ。老いも若きも国のために奉仕するというご時世で、原田氏も海軍兵学校に進みました。戦争は1945年(昭和20年)8月に終わり、10月には海軍兵学校が解散。家業の養鯉に従事した後、旧制松本高等学校(現信州大学)理科へと進みます。その後は中学教師を経て、1950年(昭和25年)、京都大学の、農学部水産学科に入学します。

海を耕し、海産物を増やす

かたや、南紀白浜の地にて。近畿大学水産研究所の前身である「大阪理工科大学臨海研究所」が開設されたのは、戦後間もない1948年(昭和23年)12月のことでした。大学の初代総長・世耕弘一氏が戦後の食糧不足を懸念し、「陸上の土地の耕作だけでなく、海を耕して、海産物を増やすことが必要だ」と提唱したのがきっかけです。翌年には「近畿大学 臨海研究所」と改称。開設から数年を経ても魚類の飼育状況は芳しくなく、研究を担う人選が始まりました。そこでスカウトされたのが、原田氏です。原田氏は京都大学を卒業した後、三重県立尾鷲高校で教壇に立ちつつ、国家公務員を目指していました。京都大学の恩師から、「和歌山県の白浜で、養殖を研究する人を探しています。原田君、どうですか。」と打診され、教師の職を半年で辞めました。安定した職を捨てて未開の研究に臨むとは、当時としてはチャレンジングな選択ですが、生来の探求心が勝ったのでしょう。27歳、1953年(昭和28年)10月、近畿大学助手として研究所に赴任しました。


開設当初の建物

研究への期待と不安

「魚類の研究ができる、水産の学問ができる!」若き原田氏は、そんな期待を胸に白浜を訪れたことでしょう。しかし、湾の一角を堤防で仕切った、研究所前の「第一養魚場」には、真珠イカダが寂しく浮かべられていただけでした。「研究所」といえば聞こえは良いものの、魚の飼育技術すら手探り状態だったのです。そして住まいは、養魚場の監理小屋。車が通れば建物がきしむような、質素で小さな木造家屋でした。とりあえずは5羽のガチョウを飼育し、さてここから養殖技術を確立し、研究を進めるにはどうすれば…、と悩みます。実は原田氏は、国家公務員の一次試験に合格し、農林省水産庁(当時)での二次試験が12月に控えていました。それに受かれば、安定した職を得ることができたわけです。



しかし迷った末に受験を放棄、研究の道を選びました。2カ月にわたり魚に親しんだこと、それからかなりの難題を世耕総長に託されたことが、決断の理由だったのではないでしょうか。総長は原田氏に、こう依頼したのです。「研究と経営を両立させ、水産学科を作ってほしい。」つまり…、魚を養殖し、売って利益をあげ、その利益から研究費を捻出し、なおかつ学生たちを教育する、ということ。「研究が好き」という想いだけでは決してなしえない、実に幅広い業務領域です。原田氏は考えに考えます。どうすれば、すべてが実現するのかを…。

※生い立ちについては、「海洋魚類養殖の父 原田輝雄」(著者:中田敬三氏、発行:原田輝雄顕彰委員会)を参照させていただきました。

(第2回に続く)

■小芝風花主演、近大マグロをアツく育てる青春ドラマ「TUNAガール」
(ひかりTV、大阪チャンネル配信中)
(ネットフリックス世界配信中[英語字幕])

・「TUNAガール」サイト
・予告編

(C) 吉本興業/NTTぷらら

この記事を書いた人

安田真奈(監督・脚本家)

大学映画サークルで8㎜映画を撮り始め、メーカー勤務の後、2006年、上野樹里×沢田研二の電器屋親子映画「幸福(しあわせ)のスイッチ」監督・脚本で劇場デビュー。同作品で第16回日本映画批評家大賞 特別女性監督賞、第2回おおさかシネマフェスティバル 脚本賞を受賞。2017年「36.8℃ サンジュウロクドハチブ」、2019年「TUNAガール」監督・脚本の他、NHKドラマ「やさしい花」(文化庁芸術祭参加)脚本担当など、参加作品多数。
公式サイト



近畿大学水産研究所 はなれ

2020年8月3日 東京駅構内「グランスタ東京」にオープン。これまでの2店舗とは異なり、近畿大学が生産した完全養殖の稚魚を日本各地の養殖業者が育成した「近大生まれの魚」を中心に提供します。完全養殖とは完全ふ化した仔魚を親魚まで育ててその親魚から採卵し、人口ふ化させて次の世代を生み出していくもので、天然資源に依存しない持続可能な水産業を確立するには不可欠な技術です。

近畿大学水産研究所
店舗ホームページ


ランキング

新着記事

ランキング

全部見る

新着記事

全部見る

MENU

FOLLOW US

  • facebook
  • twitter