Kindai Picks

キャンパスライフ

2022.08.05

近大生なら知らなきゃ損!映画・カラオケ・グルメがお得になる「近大生校友会クラブオフ」を使ってみた

Kindai Picks編集部

6020 View

tag
オリジナル記事
学生ライター

近大生が使える福利厚生があるってご存知ですか? あまり知られていませんが、近畿大学に通う学生は映画館やカラオケ、飲食店、レジャー施設などをお得に利用できちゃうんです。学生ながらに福利厚生が使えるとくれば活用しなくちゃ損! というわけで、近大生用の福利厚生サービス「近大生校友会クラブオフ」を使って、どのような特典が受けられるのか実際に体験してきました。

知ってる? 「近大生校友会クラブオフ」




こんにちは、総合社会学部3年生の西陽菜です。

私はいま、「近大生校友会クラブオフ」の特典を使って、一般料金の30%引きでカラオケに来ているところです!

実は今日まで、このサービスのことを知らなかった私。映画館、カラオケ、レジャー施設にホテルまで、さまざまなジャンルの施設で優待を受けられるのに、いったいどれだけ損していたのか! きっと同じような近大生は少なくないはず。

実際、こんなにお得なのにクラブオフの利用率は約15%に留まっているそう。それはあまりにもったいない! より多くの近大生が賢くお得に遊べるように、サービスの利用方法やメリットについてじっくり紹介していきたいと思います。
※令和2年度以降の入学者が対象

近大生校友会クラブオフはこんなに使える




ちなみにこちらがそのクーポン画面。ご覧の通り、ちゃんと30%オフになるんです。



この近大生校友会クラブオフは、株式会社リロクラブが提供する「福利厚生倶楽部」を使ったサービスで、2020年から近畿大学校友会の支援を受けて始まりました。
「福利厚生」とは、本来は企業に勤める人が会社から受ける労働・給与面以外のサービスのこと。同様にレジャー施設や飲食店の割引を学生ながらに利用できるのが、近大生校友会クラブオフなのです。



クラブオフのサイトを見てみると、ジャンカラ、イオンシネマ、ガスト、コクミンドラッグ――などなど。おなじみの名前が、レジャーからグルメ、普段のお買い物に至るまで、ジャンルも多彩にずらりと並んでいます。


公式サイト上でジャンルごとに特集が組まれているのもうれしい。

また、近大の各キャンパスの周辺で使えるクーポン特集、期間限定のプレゼントキャンペーンなども展開されていて、こちらも見逃せません。



近大周辺のお店はもちろん、東大阪キャンパス内にある「CNN CAFE」などでも利用できるのは、学生視点でもありがたい限り。さらに、ホテルやレジャー施設、旅行ツアーのクーポンが充実していて、夏の行楽シーズンにはうれしいところです。国内の宿泊施設やテーマパークには大幅な割引を受けられるところも!!

なお学外の友達や家族といった会員の同行者にも、優待が適用されるというから太っ腹。2親等以内の家族なら、本人が同行していなくても利用できるものもあるので、ささやかな親孝行にももってこいかもしれません。



使い方は、ブラウザに表示されたクーポンを見せるだけ! 専用アプリをダウンロードすれば、より簡単に利用できます。

こんなメリット満載のサービスを、近大生であれば誰でも手軽に使えるんです!



そんなわけで、近大生校友会クラブオフを使って、次なるお得スポットを訪ねてみましょう。


クラブオフでお得にレジャースポットを楽しもう!



撮影時のみマスクを外しています。

映画館「梅田ブルク7」にやってきました。前々から楽しみにしていた作品が上映中なんです。



あらかじめ郵送の手配をしていたこちらのチケットを使えば、梅田ブルク7では鑑賞料金が1300円に! 本来なら1800円〜1900円、通常の学割を使っても1500円なので、一般料金より500円以上も安く映画鑑賞ができるんです。ありがたい!

ひとつ注意しておきたいのは、配送までに少し時間がかかるところ。早めに手配しておくことをおすすめします。

このチケット、作品や上映時間に制約がないのもうれしいですね〜。一度に6枚まで申し込めるので、映画好きの人はまとめてストックしておくのもいいかもしれません。お財布のなかに入れておけば、思い立ったときにいつでもお得に映画鑑賞を楽しめます!



さて、ポップコーンも購入して準備万端! それでは、ちょっと行ってきます。

――2時間後。



おもしろかった〜。やっぱり映画館は臨場感が段違いです。これだけお得になるなら、もっと頻繁に足を運べるようになりますね。クラブオフ、めっちゃ使えます!



続いて、新梅田シティにある「梅田スカイビル」にやってきました! 大阪の風景が一望できる空中庭園展望台の入場料が、通常の400円引きで1100円! ガイドブックなどにもよく掲載されている有名スポットですが、展望台まで登ったことがある人は関西人でもそう多くないかもしれません。私もクラブオフの割引というきっかけがなかったら、足を運べていなかったかも!



長〜いエスカレーターを抜け、いよいよ屋上のスカイ・ウォークへ。



割引の使い方は、やはりクラブオフのサイトにログインしてクーポンの画面を見せるだけ。券売機では使えないので、受付のスタッフさんに声をかけましょう。



地上173メートルの高さから眺める大阪は……わ〜、めちゃくちゃきれい!

周囲にさえぎるものがないので、とにかく「空が広い」のひと言です。近大のある東大阪あたりはもちろん、北摂や大阪湾、遠くは明石海峡付近まで360度が一望できます。空気が澄んでいる秋から冬にかけては、明石海峡大橋もくっきり見えるそう。



「なにわ淀川花火大会」の会場になる淀川のほとりは、都心にありながら緑がいっぱい。阪急電車が行き交う様子もよく見えます。いつも見ている大阪の街とは全然違った印象でした!



まるでミニチュアを見ているみたいで、暑さも忘れてぼーっと眺めてしまいました。今日みたいによく晴れたお昼もいいけど、夜景も絶対きれいなんだろうなぁ。

さて、ここまで出費が抑えられたぶんで、ちょっとぜいたく。割引の対象外ですが、40階にある「cafe SKY 40」でひと休みすることにしました。



七色ソーダフロートのパッションフルーツ味をいただきます。



今回はカラオケ、映画館、スカイビルの3スポットを紹介しましたが、ほかにも天王寺動物園や京都水族館、ひらかたパークに東映太秦映画村など、関西圏のさまざまな有名観光スポットでも割引が使えるのでおすすめです。



利用できるスポットは全国にあるので、遠方に遊びに行くときや帰省したときにも活用できますよ!

今回はこれだけお得になりました!
施設名通常価格優待価格
ビッグエコー
(パーティールーム)
780円/1時間546円/1時間
梅田ブルク71800〜1900円1300円
梅田スカイビル 空中庭園展望台1500円1100円
(郵送チケットなら950円)
合計4180円2946円……1000円以上お得!

※通常価格の合計額は、梅田ブルク7の鑑賞料が1900円の場合で計算




お出かけはもちろん、普段づかいにも!




ちなみに東大阪キャンパス周辺にもクラブオフが使える店がたくさんあるんです。



近大・東大阪キャンパス周辺をマップ検索すると「ボードゲームカフェ7Gold」ではフリータイム利用料金が300円オフ、「GB’s CAFE AREA4」ではプレートメニュー注文でドリンク、アイス、ポテトのいずれかをプレゼントなど、近大生おなじみの店で特典が受けられることが分かります。

大学付近のお店のなかから、近大通りにあるうどん店の代表格「御用 近大通り店」に行ってみました。



私がオーダーしたのは、夏にぴったりのおろしぶっかけうどんです。クラブオフの特典で、カレーうどんまたはぶっかけうどんを注文すると、麺の大盛りか「えび天・チーズ・煮玉子」からトッピングを1つ選べるということで、単品なら170円のえび天をトッピングしてもらいました。ラッキー! サクサクのえび天とさっぱりしたうどんをおいしくいただきました。

お出かけだけでなく、大学の近くでもお得な割引やクーポンが使えることが分かり、ますます有効活用したいと思いました。


近大校友会クラブオフを使ってみて




というわけで、クラブオフを使えばいかにお得に遊べるかがお分かりいただけたかと思います。私も日頃から使うようにして、楽しみの幅を広げていけたらと感じました。福利厚生というものを初めて利用しましたが、本当にありがたかったな〜!

とはいうものの、ここまで紹介した内容はあくまでも一例です。使い方もすごくシンプルで、使えば使うほどキャンパスライフがどんどん充実するはずなので、友達にも教えてあげたいと思います。近大生だからこそ受けられるサービスの数々、みなさんもぜひ使ってみてくださいね。

近大生校友会クラブオフへのログインには、学籍番号と生年月日が必要です。ログイン後、好みのクーポンを検索し、クーポン画面を各施設で提示すると、優待が受けられます(一部、郵送クーポンあり)。より便利に使いたい人には、クラブオフのアプリも用意されています。

近大生校友会クラブオフ
クラブオフアプリ

※掲載内容は2022年8月1日時点の情報です。最新の情報はホームページをご確認ください。


この記事を書いた人

西 陽菜(にし・はるな)

近畿大学 総合社会学部 総合社会学科 社会・マスメディア系専攻の3年生。スポーツ観戦が趣味で、競技を問わず全国を飛び回る日々を送る。eスポーツや大学スポーツの価値向上を目指す学内プロジェクト「KINDAI BIG BLUE PROJECT」にも参加し、イベント企画や情報発信に携わっている。


写真:平野明
編集:人間編集部

ランキング

新着記事

ランキング

全部見る

新着記事

全部見る

MENU

FOLLOW US

  • facebook
  • twitter