Kindai Picks

キャンパスライフ

2022.04.07

プログラミングって?デジタルが苦手なアンドロイドのお姉さんが「電子計算機研究会」に体験入部

Kindai Picks編集部

5658 View

tag
オリジナル記事
デジタル

2020年から小学校の必修科目になったプログラミング。ゲームやアプリを開発したり、動画や音楽制作の現場でも欠かせない技術です。でも、慣れ親しんでいない世代からすると「何だか難しそう」と敬遠しがち。”実はデジタルが苦手”というアンドロイドのお姉さんSAORIさんが、プログラミングに触れるために近大の「電子計算機研究会」に体験入部しました。



こんにちは、アンドロイドのお姉さんのSAORIです。

3DCG女子高生Sayaに似ているということや、2017年に行われた東京ゲームショウでアンドロイドのキャラクターを演じたことが話題になり、アンドロイドモデルとして活動しています。

最近は「散歩するアンドロイド」として、旅系のYouTuberもやっています。


そんな私には大きな悩みがありまして。

今まで、カネボウ化粧品「KATE」のCMでバーチャルヒューマンのimma&Riaと共演したり、ソフトバンクロボティクス株式会社が運営する「Pepper PARLOR」の紹介をしたり、PlayStationのゲームのプロモーションイベントに参加したり……AIやロボット、CG、ゲームなど、デジタルテクノロジーの分野に関するお仕事をいただくことが多いのですが……

実は……私

パソコンや電子機器に弱いんです!

そう、デジタルが苦手なんです!!

YouTubeの動画も自分で撮影して編集していますが、編集ソフトも最低限の機能しか使えません。アナログなアンドロイドなのです。



「デジタルに強いアンドロイドのお姉さんになりたい!!」

ということで、今回私がやってきたのはこちら。



近畿大学の「電子計算機研究会(Computer Study Group)」。

理工学部の情報学科や電気電子工学科の学生が多く集まるクラブで、プログラミングでゲームやアプリケーションを開発したり、3DCG、VR、AIなど、パソコンを使ったデジタル作品を作っているそうです。


計算も苦手だし、プログラミングとは……? という根本からよくわかっていない私ですが、デジタルに強くなるために、「電子計算機研究会」に1日体験入部させてもらいます。


DTMにVR……プログラミングで何ができるの?



左から實藤敬太くん、山本瑛悟くん、堀孝輔くん、小代翔大くんの4名が出迎えてくれました。


SAORI

今日はよろしくお願いします。





實藤くん

ようこそ「電子計算機研究会」へ。





SAORI

皆さんやっぱりデジタルに強いんでしょうか。





實藤くん

部員は105名いるんですが、授業でもITやデジタル技術を学んでいる学生が多いですね。でも、授業で学んでいること以外にも、それぞれの好きなことや得意分野を活かして、独学で作品を作ることが多いです。





SAORI

独学で!





山本くん

まずは、僕たちが作った作品を紹介しますね。




ということで、Oculus(オキュラス)のVRヘッドマウントディスプレイを装着。


堀くん

まず紹介するのは、VRのボルダリングゲームです。右手と左手で岩を掴んで登っていくだけの簡単なゲームです。






SAORI

ボルダリングか。これを掴んで登っていけばいい感じですね。





堀くん

そう。右手を掴んだら、次は左手に届くところに……






SAORI

なるほ……………え、落ちた。





實藤くん

体力のゲージがあるので、体力が0になる前にタイミングよく掴まないといけないんです。VRゲームは、ゲーム内での動きと現実の自分の感覚が微妙にズレて操作に手間取ることもあるので、感覚を掴むまでが難しいんですよね……。





SAORI

あの、実はデジタルに弱いだけでなく、ゲームも苦手なんです……。





小代くん

ジャンプするだけの横スクロールゲームもありますよ。





SAORI

これならできそう。






小代くん

あ、そこでジャンプ!




即死でした。


SAORI

難しくないですか?





小代くん

すみません、確かにこれは鬼畜ゲームの要素もある「死にゲー」なんですが、SAORIさんの場合、それすらもわからない冒頭で即死でしたね……。





SAORI

・・・・・・。





山本くん

まあ、僕らもゲームをプレイするのが得意なわけではないんですよ。ゲームのアイデアを考えたり、考えたことを実装することに意義があると思っています。





SAORI

確かに、ゲームを考えるのは楽しそうです。これって、制作にどれくらい時間がかかるんですか?





小代くん

このゲームはハッカソンで制作したもので、4人で1ヶ月程度です。プログラムを組む時間より、テストプレイやバグの修正に20日くらいかかってます。



※ハッカソン:ハック(Hack)とマラソン(Marathon)を合わせた造語。プログラマーやデザイナーなどが集まり、短期間で集中的にチームでアプリやゲームの開発作業を行うイベント。



SAORI

VRゲームの3Dのグラフィックも全部一から作るんですか?





實藤くん

Unityという開発プラットフォームを利用して制作しているんですが、3Dのグラフィックは既存のものを利用したり、物理演算などはUnityに備わっているものを利用したりして制作コストを抑えています。場合によっては、グラフィックも部内で制作したり物理演算も自分たちで実装したりすることもありますけど。





SAORI

物理演算……?





實藤くん

ゲーム内のオブジェクトを物理法則にしたがって動かすために、質量に対して重力や空気抵抗などの摩擦力を数値計算しているんです。例えばボールが地面に衝突してバウンドする動きとか、スカートや髪の毛の揺れなどあらゆるところに使われています。





SAORI

デジタルに強くなるための体験入部のつもりが、逆に、デジタルに対する苦手意識が増長している気がするんですが……こんな私でもできることはないでしょうか?





實藤くん

好きなことから始めるといいと思いますよ。プログラミングは、DTMや動画制作にも役立ちます。最近流行りのVTuberもモーションキャプチャなどのデジタル技術を活用して、CGキャラクターのアニメーションをつけたり、人間の動きを解析してデジタルデータに変換しているんです。



※DTM:Desk Top Music(デスクトップミュージック)の略で、パソコンを利用した音楽制作手法の総称。
※モーションキャプチャ:現実の人物や物体の動作をデジタル化して記録する技術。


エナジードリンク系VTuberの香増院きまりちゃん。イラストやCGの制作、動画編集も電子計算機研究会のメンバーが行っている。


SAORI

私自身が生身のアバターのような立ち位置なのでVTuberになりたいとは思いませんが、CGのキャラクターを動かす技術だと思うと身近に感じますね。





山本くん

アバターを動かすだけでなく、動画にエフェクトやアニメーションをつけたりするのも、プログラミングが関わってくるんですよ。YouTuberの動画でも、切り替えやオープニングなどにモーショングラフィックスを使っている動画がたくさんありますよね。





SAORI

なるほど。私は文字のテロップをつけたりモザイクをかけるくらいしかやったことないけど、もっと動画編集ソフトを使いこなせるようになりたい……。






山本くん

例えば、これはメンバーの瀧田くんが作ったサンプルです。





SAORI

すごい。私も作ってみたいです。





瀧田くん

やってみましょう!





初心者でもできる? モーショングラフィックスに挑戦!





瀧田くん

今回はAbobeのAfter Effectsを使って、動画のタイトルアニメーションを作ってみましょう。





SAORI

存在は知っているんですが、使ったことないです。





瀧田くん

After Effectsはモーショングラフィックスを作る代表的なソフトで、文字やイラストにエフェクトをつけたり短いアニメーションを作るのに適しています。同じAbobeのソフトでPremiere Proもありますが、Premiere Proはどちらかというと動画をつなぎ合わせたりテロップをつけたりする動画編集ソフトという感じです。




教えてくれるのは瀧田聡くん。コンポジション(枠)とキーフレーム(アニメーションの開始点と終了点を定義する描画)の設定から解説。


SAORI

Premiere Proは使ったことあるんですが、After Effectsは難しそうだなと……。





瀧田くん

動画を編集するだけならPremiere Proでいいと思いますが、After Effectsは元々用意されているアニメーションプリセット(設定したエフェクトやキーフレームを一括適用できる機能)が豊富で、更にプラグインを使って物理演算を再現したり、Premiere Proには表現できない複雑な表現ができるのが魅力なんです。





SAORI

Premiere Proではできることが限られているんですね。





瀧田くん

逆に、After Effectsは長い動画を編集するのには向いていないので、After Effectsでタイトルやイントロのアニメーションを作成して、Premiere Proで編集するという使い分けをするといいと思います。




まずは円を作ってみる。


瀧田くん

では、早速シェイプレイヤーで円を作って、ボールが落下して戻ってくる動きを実装してみましょう。楕円ツールを使って……あっ、適当にやると綺麗な正方形にならないので、80×80pxの正方形に調整しましょう。





SAORI

あの、円を作るだけですごく頭を使うんですが.......数字で打ち込む世界なんですか?





瀧田くん

感覚的に簡単にできるソフトと違って、しっかり数字で管理することで正しく綺麗な動きを実装できるんです。このへんは少しプログラミング的思考が入ってきますね。でも、どのソフトを使っても裏側はプログラミング言語で動いていますし、極論を言うと0と1の世界ですからね。






SAORI

正方形になりました!





瀧田くん

それでは、この円に速度をつけて、下に落下させてみましょう。下に動かすだけなら簡単ですが、キーフレームで枠の外に円が落ちるように移動させます。そして出発点に戻ってくるように設定して……更に、スムーザー機能を使って、動きを自然に滑らかに設定します。






SAORI

おお、動いた! 円を移動させるだけでめちゃくちゃ細かい設定が必要なんですね……先が長すぎる。





瀧田くん

そうなんです。こんな風に、いちいち全部キーフレームで指定していたら大変ですよね。そこで、プログラミングが活きるエクスプレッションという機能を使うんです。今作った一連の動きの指示を、キーフレームを使わずプログラミング言語で制御することができるんです。





SAORI

余計難しく感じるんですが……。




次は、「SAORI」の文字をバウンドさせるアニメーションを作る。


瀧田くん

いや、プログラミング言語を覚えて一から作るのは大変ですが、一度作ってしまえばその構文をコピペするだけで色んなものに使い回すことができますよ。





SAORI

気の遠くなる作業ですが、こういう仕組みでできてるんだ! ということが知れてよかったです。でも、使いこなせるようになるんだろうか……?





体験入部の成果は……?




ということで、体験入部で学んだことを活かすべく、動画とつなげたモーショングラフィックスのタイトルアニメーションを実際に作ってみました。


いかがでしょうか!?

(私が作ったのは最初の円と「SAORI」の文字をバウンドさせる動きだけですが)

デジタルに強いアンドロイドのお姉さんとして、少しはバージョンアップできた!?


コロナ禍に負けないデジタル時代のクラブ活動





SAORI

体験入部、すごく勉強になって楽しかったんですが、正直めちゃくちゃ疲れました......! 脳の普段使っていない部分を使った感じがします。





山本くん

何だかすみません。





SAORI

今はコロナ禍で活動できないクラブも多いと思うんですが、電子計算機研究会はあまり影響はないですか?





山本くん

そうですね。基本的にはパソコンさえあればどこにいても活動できますし、コロナ前からオンラインのやりとりが多かったので。勉強会やハッカソンなどのイベントは、ZoomやDiscord、Slackなどを活用してオンラインに移行しました。





實藤くん

逆に、オンラインでのやりとりが当たり前になったからこそ、交流範囲が広がったこともありますね。昨年夏に、千葉大学と岡山大学の電子計算機研究会と共同でハッカソンを開催したんですが、遠く離れた地域の学生団体との交流は刺激がありました。




Google Developer Group 京都と合同で行った、2019年の「Google I/O報告会」の様子。


SAORI

ハッカソンって年に何回くらいやってるんですか?





實藤くん

ハッカソンは毎年夏と春の長期休暇期間に2回開催しています。他にもKC3(関西情報系学生団体交流会)などの他団体のハッカソンにも招待されるので、2回+αで参加する機会があります。





SAORI

最後に、新入生に向けたアピールがあればどうぞ!





實藤くん

では、広報担当の僕から。ゲームを作ってみたい、VTuberになりたい、プログラミングに興味がある、プログラミングは苦手だけどイラストが描ける……などなど、そんな新入生はぜひ電子計算機研究会に! 春は、プログラミングや映像編集、モデリングなど様々なジャンルの入門講座を1〜2ヶ月ほど開催しています。他にも、部員が何か学んだものを共有したいと思ったときには各自で勉強会を開催しているので、初心者も大歓迎です!





SAORI

ありがとうございました!





今回、体験入部アンドロイドとして様々な体験をさせていただきましたが、部員の皆さんと楽しく会話しながら勉強ができたので、ITやデジタル技術が好きになれたような気がします。またスキルをアップデートしたくなったら訪れるかもしれません。電子計算機研究会の皆様、ありがとうございました!


この記事を書いた人

SAORI

モデルとして活動していたが、イベントで行ったアンドロイドパフォーマンスが話題となり、アンドロイドモデルとしてメディアや広告など、映像作品を中心に出演。 自身のYouTubeチャンネルではニッチな場所を訪れ、アンドロイドとのギャップを楽しんでいる。


企画・編集:人間編集部
近大それってなんなん相談所 近大が誇るその道のプロがあなたの悩み・疑問を解決!

ランキング

新着記事

ランキング

全部見る

新着記事

全部見る
近大それってなんなん相談所 近大が誇るその道のプロがあなたの悩み・疑問を解決!

MENU

近大それってなんなん相談所

FOLLOW US

  • facebook
  • twitter