Kindai Picks

こんな症状があれば要注意!下痢や便秘を繰り返す「過敏性腸症候群」とは

腹痛イメージ

Kindai Picks編集部

2016.03.01

84870 View

tag
健康
オリジナル記事

検査をしても異常がないのに、下痢や便秘を繰り返す。そんな方は、「過敏性腸症候群」という病気の可能性が…。特に10代から30代に多いというこの病気の原因や治療法について、近畿大学医学部の奥見裕邦先生にお話を聞いてきました。

.


【プロフィール】
奥見裕邦(おくみひろくに)
医師/医学博士/近畿大学医学部医学科 内科学教室 心療内科部門 講師
1996年近畿大学卒業、2013年千葉大学大学院修了。ストレス関連の身体症状、特に消化管疾患、小児心身症、漢方治療、産業保健衛生を專門とする。取得専門医資格は、心療内科専門医、消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医、消化管学会胃腸科専門医・指導医、心身医学「内科」専門医、東洋医学会専門医、日本医師会認定産業医など多数。国際医療支援の経験も。


腸は第二の脳。ストレスが下痢や便秘を引き起こす。


――「過敏性腸症候群」とは、どのような病気なのでしょうか?

過敏性腸症候群は、検査をしても身体的な異常はないのに下痢や便秘が続く病気で、食後のもたれ感や、お腹にガスが溜まることによる不快感といった症状があらわれることもあります。今や日本人の10人に1人が、この病気にかかっていると言われています。

診断基準は、以下、3点になります。
・半年以上前から症状があること
・1ヵ月の中で3日以上腹痛や腹部の不快感があること
・「排便によって症状が改善する」「排便頻度が変わる」「便の形状が変わる」のうち2つ以上の項目に該当すること。

過敏性腸症候群は、症状によって、下痢が続く「下痢型」、便秘が続く「便秘型」、これらが交互に現れる「混合型」に分けることができます。



――なぜ身体に異常がないのに、下痢や便秘になるのでしょうか?

これは脳のトラブルが要因といえます。脳がストレス刺激を受けると、CRHやセロトニンなどの生体内ホルモンや、肥満細胞などの免疫系のバランスが崩れ、腸の動き(蠕動運動)が不安定になったり、おなかの張りや痛みに対し過敏(知覚過敏)になり、下痢や便秘をきたしやすくなります。最近では腸内にいる善玉菌と悪玉菌のバランスも関与しているといわれています。

腸は「第二の脳」とも言われており、「脳腸相関」という言葉もあるくらいストレスの影響を受けやすい器官なのです。

――どのような人が過敏性腸症候群になりやすいのでしょうか?

10代から30代くらいの人が発症しやすく、男性は「下痢型」、女性は「便秘型」になりやすい傾向があります。あとは、やっぱり神経質な人ですね。ちなみに、この病気は発展途上国よりも先進国において、発症率が高いというデータもあるんですよ。これもやはりストレスが関係しているからだと考えられます。

――予防方法を教えてください。

不規則な食事、暴飲暴食、睡眠不足、不規則な睡眠、慢性的な疲労を避けるようにしましょう。特に食事については、脂質、糖質、辛味刺激物、アルコール、カフェインなどを摂り過ぎないにすることが重要です。また、タバコは症状を悪化させるため、本数を減らすようにしてください。 


放っておくと、パニック障害、不眠、うつを引き起こす危険も


――どのように検査や治療を進めていくのですか?

まず、下痢や便秘が続くからといって必ず過敏性腸症候群であるとは限らないので、他の病気の可能性もきちんと調べなくてはなりません。患者さんはストレス性の症状だと思い込んでいたが、検査をしてみたら実は大腸がんや潰瘍性大腸炎やクローン病が隠れていたなんてこともあります。
 
それら別の病気の可能性を排除していき、過敏性腸症候群であると診断された場合には、食事の改善、生活習慣の改善、そしてお薬で治療を進めていきます。

――具体的な治療内容は?

食事に関しては、食べる時間を決め、暴飲暴食を避けることが大事です。そして、「下痢型」の場合は乳製品や脂っこいものや刺激物を控える、「便秘型」の場合は水分や繊維質のものを中心に摂るようにします。

生活習慣に関しては、朝の排便を習慣づけ、便秘型の場合は軽い運動も心掛けるようにしましょう。

そして、便の硬さを変えるお薬や、腸の動きを整えるお薬を処方します。過敏性腸症候群の専門的な治療を行っている病院では、必要に応じて抗不安薬や抗うつ剤、そして漢方薬を使用することも多々あります。

――放っておくと、どのような悪いことが起きるのでしょうか?

下痢や便秘が続くと、生活に支障が出ることや、いつお腹の調子が悪くなるかわからないことが原因で、さらにストレスが増えるという悪循環に陥ってしまいます。また、ストレスで暴飲暴食をしたり喫煙量が増加したりすると、腸への負担は増える一方です。

酷くなるとパニック障害を引き起こすこともありますし、不眠症、うつ病、逆流性食道炎といった他の病気を併発することもあります。

――どこに相談すれば良いのでしょうか?

まずはお近くの内科や消化器内科を受診してください。軽症であればそこで処方されるお薬のみで改善することもあります。重症化すると大きな病院を紹介されることになりますが、大病院だからといって必ずしも過敏性腸症候群の専門的な診療を行っているわけではありませんので、あらかじめHPや電話で確認して、紹介先の病院を指定していただいた方が良いかと思います。 

下痢や便秘と聞くと、軽い症状だと思ってしまう人もいるようですが、実際は過敏性腸症候群で会社や学校を休む人は珍しくありません。下痢や便秘を繰り返している人は、「そういう体質だから仕方がない」と諦めるのではなく、一つの病気として捉え、早めに検査や治療を受けるようにしましょう。

記事を読む

最新の記事