Kindai Picks

映画が大好き女子大生が選ぶシチュエーション別オススメ映画5選

main

Kindai Picks編集部

2017.12.22

3547 View

tag
映画
オリジナル記事
アカデミックシアター
学生ライター

映画大好き学生ライターの森田さんが、この冬観ておきたいオススメ映画と、見どころをご紹介!どこに行っても寒いこの季節は、みんなで映画を観て温まりませんか?
最後に登場する近大生限定・映画見放題マル秘スポットも必見です。

こんにちは。映画と映画館を心の何億メートルも底から愛する、総合社会学部3年の森田です。

映画を観ている間はゾクゾクしたり、ワクワクしたり、鳥肌が立ったり、大粒の涙を流したり。すると、新しく自分の関心や興味をひく物に出会ったり、自分の中にある心配事や考え事を違う視点から考え直すきっかけになったりしますよね。

なにか壁にぶつかったとき、現実逃避したいとき、想像力を膨らませたいとき、平凡な毎日に飽き飽きしたとき……、ふとした瞬間に映画を観たくなる事はありませんか?

そこで今回、映画が大好きな私がシチュエーション別オススメ映画を紹介します。


朝活にオススメ



朝一番に映画を観るなら、これ!「わたしに会うまでの1600キロ」は、色々な悩みを抱えた女性がひたすら1600キロ歩くという映画。なんとこれは実話なのです!色んな拍子に過去のあれこれを思い出して自己嫌悪に陥る、そんな経験は誰でもあるでしょう。解決策なんてわかりません。そこで、彼女は歩いてみることにしたのです。化粧っけのない彼女の力強さ、弱さ、ころころ変わる表情に、終始くぎ付けでした。人生を悲観している人、自分が分からなくなった人に観てほしい作品です。私も荷物を詰めて今すぐにでも旅に出たい!という思いに駆られました。見終わった後は、すっきりした気持ちになりますよ。


夕活にオススメ

続いて、夕方に見るならこちら!もともとSF映画に興味が全くなく、好んで見ることはありませんでしたが、私のこのSF映画の食わず嫌いを取っ払ってくれたのがこの映画「インター・ステラー」です。



2時間49分もある長編映画なのですが、本当にあっという間に見終わってしまいました。私の映画ランキング、不動の1位だった作品(バイオハザード)が、この映画を見終わった瞬間に揺らぎました。「大げさやろ!」なんて思わず聞いてください!なんといっても宇宙の映像美と音の連動に感動です。壮大なスケールで自分がその場にいる感覚に陥ります。そしてSF映画には珍しいんですが、観ていて、つい涙をボロボロ流してしまうヒューマンストーリー。最後の展開には「ええっ!?こことあそこがつながっていたのか……」と思わず声をあげてしまいました。少し頭を使うのですが、見終わった後のもやもや感は全くなし。

SF映画では他にも、「オデッセイ」「ゼログラビティ」もオススメです。後者は、無音の宇宙空間を最高に再現していたり、カメラが主人公と同じ目線で進む場面が多いので、臨場感マックスです。映画を見終えて家に帰るとき、空を見上げれば薄暗かったり真っ暗だったりして、宇宙を想像しながら帰るのが最近の私のマイブームです。


デートにオススメ

カップルにオススメの映画は「ベイマックス」!



私は友人と二人で観たのですが、涙が止まりませんでした。これだけ泣いているのは、自分だけ?なんて思って横をチラ見すると、私以上に友人が泣いていました(笑)。
心がほっこりしますし、やはりディズニー映画はいつ見ても最高です。カップルで映画を観終わった頃には、次のデートはディズニーにしよう、なんて会話が生まれているかもしれません。ディズニーランドやシーに行けば、一緒に観たディズニー映画の感想を言い合いながらデートができます。より一層、二人で盛り上がりそうですよね。

そしてもうひとつ、カップルにオススメしたい作品は「はじまりのうた」です。これは第80回アカデミー賞歌曲賞を受賞した、音楽をテーマにした映画なのですが、この映画に出てくるデートシーンが最高なのです!お互いの好きな音楽が、二人の関係を繋いでいきます。その様子は、とても楽しそうでロマンチック。
特に音楽好きのカップルには確実にハマります!映画のバックミュージックはもちろん、映画内でもたくさんの曲が演奏され歌われていて、ついつい体が動いてしまう、そんな映画です。私は特に、路上でレコーディングするシーンが大好きです。私もバンドを組んでいるので、早くバンドメンバーたちに会ってスタジオで演奏したい!とうずうずしました。


友達と見るのにオススメ

友達とワイワイ観るなら、やっぱりホラーがオススメ!私が観た最新作は「死霊館」。



これは人気作品と聞いていただけあって、観ごたえたっぷりでした。

この作品の監督は「ホラー映画には、観終わった後も怖さが続くことが最も重要」と言っていました。実際にこの映画も怖がらせるだけに作られた作品ではなく、現実世界に続く怖さがあり、家に帰っても映画のシーンがずっと脳裏に浮かんでいました。カメラワークも抜群で、もっと見せて!と思う場面もちらほら。それが監督の狙いなのでしょう。しかも、最後は家族愛に思わず泣いてしまいました……。

他に泣いてしまうホラー映画では、「シックスセンス」は何度見ても良い作品だと思います。

ホラー映画っぽくないタッチなのに、時たまブッ混んでくる「あの感じ」が最近のホラー映画ではあまり見られないので癖になります。手に汗握るホラー映画では、「ミラーズ」「ケース39」「パニックルーム」もオススメです。パニックルームは観ていて本当にパニックになります。寿命が縮んだ気がします……。あとは、「ゴーンガール」もぜひ観てみてほしい作品。これはホラーと言うのか、サスペンスと言うのか……かなりグロいシーンもあるので、手で目を覆いながらも、面白くて最後まで観てしまいました。


一気見できる映画!

私の好きな映画不動の1位は「バイオハザード」(今少し揺れていますが……)!



好きすぎて、全シリーズ5回以上は観ているのではないでしょうか。ローラが出演して話題になったバイオハザード最新作「バイオハザード ザ・ファイナル」も含め、全シリーズが面白いのです!ちなみにバイオシリーズで私が好きな場面は、「バイオハザード3」の砂漠シーンです。わかる人いるのかな?(笑)



主人公のアリスももちろん好きですが、私はジルが大好き。あ、カルロスも大好き。アラスカのあの大砂漠の上で繰り広げられるゾンビのシーンは、手に汗を握ってしまいますよね。カルロスの最期のシーンなんて、かっこ良すぎてそれはもう惚れ惚れしてしまいます。あんなにかっこよくタバコをふかす人が他にいますか!ぜひ友人と一緒に、ハラハラドキドキのこの作品を楽しんでください。観たことがない人も、きっと魅力にはまってシリーズ一気見間違いなしです。


知らなきゃ損!学内映画見放題ブース


映画館の雰囲気が大好きなので、本当はどの作品も映画館で観たいのですが、お金もかかるので毎日通うことはできません。

ネットで映画見放題のサービスもありますが、契約が面倒くさかったり……。レンタルビデオショップを利用することもありますが、返却期限が気になったり……。

そんなもっと手軽に映画を観たい!!という私の悩みを解決してくれたのが、ここ、近畿大学に新設されたアカデミックシアター
1号館2階にあるインターナショナルスタディーズエリアに、なんと、映画のDVDが見れる視聴覚ブースがあるのです!!


色んなジャンルが勢ぞろい




インターナショナルスタディーズエリアという名前通り、ここでは英語をはじめとしたさまざまな言語に触れることができます。速読本やTOEIC、英検の参考書、英語で書かれた漫画。さらに階段を上がると、無料で受講できる外国語授業の教室が並んでいます。

その一角にあるのが、今回ご紹介する視聴覚ブース。英語の勉強方法として、書いたり読んだりするだけでなく、耳から英語を聞き取る勉強法も重要です。そのために、ここには日本語字幕で観ることのできる海外映画や海外ドラマのDVDが並んでいます。



最近まで上映されていた最新作から、「グリー」「ゴシップガール」や「ハイスクールミュージカル」などの海外ドラマ、「タイタニック」などの不動の人気作品まで揃っています。なんと、私が大好きな「バイオハザード」シリーズも、全作品あるんですよ!ホラー、恋愛、アクション、感動系、SF、ディズニーなど、項目ごとにDVDが並んでいるので、その時の気分に合った映画を簡単に見つけることが出来ます。

映画愛好家の学生にとって本当にありがたい場所ですよね!スタッフの方に伺ったところ、一番混み合う時間帯は午後1時から2時あたり。90分(1限分)では見終えることが出来ない映画がたくさん置いているので、3限に授業がない生徒は、お昼休みからブースを利用しているみたいです。

空いているのは朝!朝は人も少なく、映画も選び放題です。これからの時期、なかなか布団から出られない……起きたくない……そんな悩みが発生します。でも、がんばって、ちょっと早起きをして視聴覚ブースに直行!そして映画を観れば、きっと心もポッと温かくなるはず。その後の授業もはかどります。

個人的には夕方の時間帯に利用するのがオススメ。映画を観終わって帰る頃には、空は日が沈み、薄暗くなっています。何とも言えない気持ちで映画に浸りながら帰路につけるでしょう。



ちなみに、スタッフによると、人気の映画は「ワイルドスピード」、ホラー映画では「死霊館」が最近の流行りだそう。
私の大好きなアン・ハサウェイ主演の「プラダを着た悪魔」、「マイ・インターン」は男子からも超絶人気とのこと。



視聴覚ブースが満席のこともしばしば。でも大丈夫!そんな時はコンパクトなポータブルプレーヤーを貸してもらえます。画面は少し小さくなりますが、好きな場所でゆっくり映画を見ることが出来るのです。


英語を聞き流すだけでも意味がある!


私は映画で登場した英語のセリフや、めずらしい言い回しを見つけたとき、メモに書いたりしています。実際似た単語が、英語の授業やテストで出てきた時がありました。

また、大好きな映画を日本語字幕で見ていると、自分も英語をもっともっと話したくなります。私が英語を好きな理由の一つは、映画が好きだからだと思います。

あまり深く考えずに、英語を聞き流すだけでも意味があるのです。ぜひ日本語字幕に設定して、映画を楽しんでみてくださいね。

慣れてくれば、いつか字幕なしで映画を観るのも夢ではありませんよ!

映画を観終わって、もっと英語を勉強したい!と思ったら、インターナショナルスタディーズエリアには、英語に触れる様々なコンテンツが揃っているので、映画の次は、速読本なんかを借りて、読む英語にもチャレンジしてみてもいいですよね。


いかがでしたか?こんなに夢にあふれた素敵な場所がキャンパス内にあるって、近畿大学はなんて素敵なのでしょう……。

DVDコーナーを観察していると、何を見ようか迷っている学生を多く見かけます。そんな人のために、自分のオススメ作品を誰でも気軽に紹介できるコーナーがあればいいな〜、なんて勝手に妄想しています(ネタバレ禁止!)。チラシを作ったり、口コミコーナーを設けたり……あぁ、考えているだけで楽しい!他にも、何かいいアイデアがあればぜひ教えてください!

もし、私と「映画について話し合いたい!」という人がいれば、いつでも声をかけてくださいね!


ライタープロフィール
森田奈々子(もりたななこ)
総合社会学部 社会・マスメディア系専攻 3年
軽音サークル所属。歌を歌うのが大好きで路上ライブも。 USJのジョーズのクルーのモノマネが好き。 好きな食べ物は すき焼きとカルピスとその他甘いもの全部と、塩。夢は5000円のパフェを食べること。破天荒とよく言われる。いろんな危機に直面してるが、その都度なんとかうまくいってる。 ポジティブ:) 前世はフクロモモンガと診断済み。



最新の記事