Kindai Picks

研究・教育

2021.05.24

大豆イソフラボンでナマズを全て雌に 近大実験場が成功

TOP

紀伊民報

412 View

tag
水産研究所
ナマズ
大豆イソフラボン

近畿大学水産研究所新宮実験場(和歌山県新宮市)准教授の稲野俊直の研究グループは、大豆イソフラボンを用いたナマズの全メス化に日本で初めて成功しました。 ナマズ養殖においてメスの単性養殖が実現すれば、性差による成長のバラつきを低減することで生産効率を高め、利用が難しい小型のオスの廃棄ロスを削減できます。また、女性ホルモンを使わない全メス化が可能になったことでより安全な、メスの価値が高い他の養殖魚への応用も期待されます。

ランキング

新着記事

ランキング

全部見る

新着記事

全部見る

MENU

FOLLOW US

  • facebook
  • twitter