Kindai Picks

研究・教育

2020.11.18

近畿大学が人工的に葉緑素を創出、自然界にない「反転型」で光合成も

TOP

大学ジャーナル

56 View

tag
大学
研究

近畿大学理工学部理学科化学コース教授の佐賀佳央らの研究グループは、自然界には存在しない「反転型の葉緑素」を人工的に創りだすことに成功しました。この「反転型の葉緑素」は実際に光合成することができるため、この成果を発展させることで、光合成生物が利用できる光を人工的に調節し、生育速度などをコントロールして、食料増産などへ展開させることも期待できます。本件に関する論文が、令和2年11月9日(月)、英国の科学誌“Scientific Reports”にオンライン掲載されました。

ランキング

新着記事

ランキング

全部見る

新着記事

全部見る

MENU

FOLLOW US

  • facebook
  • twitter