Kindai Picks

「マンガ美人総選挙」@近大開催! 圧倒的な人気で「美人NO.1」に輝いたキャラとは?!

OGP

Kindai Picks

2018.08.27

1370 View

tag
オリジナル記事
イベント
レポート
文化・芸能

近畿大学東大阪キャンパス・ビブリオシアターで、「DONDEN」内の全マンガの登場人物を対象に、マンガの「美人」キャラクターを選ぶイベント「マンガ美人総選挙」が開催されました。6月8日(金)に締め切られた1次投票から8人のキャラクターが選出。6/22(金)~7/6(金)に最終投票が行われ、NO.1の美人キャラが選ばれました!



マンガ美人総選挙とは?


2017年の夏、近畿大学・東大阪キャンパスのアカデミックシアターで、マンガキャラクターの中から最高のイケメンを決める「マンガイケメン総選挙」が行われました。今回は女性版として「マンガ美人総選挙」を開催!

一次投票では『ドラえもん』の「ジャイ子」、映画『もののけ姫』の「狼・モロ」、『宝石の国』に登場する「アンタークチサイト」など、「美人」の固定観念を揺さぶる面々にも票が入りました。

そんな中、最終投票に残ったのは……

>>先に結果を見る!

最終投票に残った8人のキャラクター


『ONE PIECE』のナミ
(作者:尾田栄一郎 掲載誌:少年ジャンプ)




『ONE PIECE』は主人公・ルフィを船長にした「麦わらの一味」が冒険を続けながら海賊王を目指す冒険マンガ。

ナミはルフィにとって2人目の仲間で、「麦わらの一味」の航海士。元は海賊専門の泥棒だった。

<ナミの特徴>
・オレンジ色のロングヘアー
・グラマー体型
・金銭や財宝に目がない
・一味のなかでの金銭管理は彼女仕事
・仲間に金を貸す際、3倍の利子を要求する
・いつか世界地図を描くのが夢
・養母を目の前で殺された


『マギ』のモルジアナ
(作者:大高忍 掲載誌:週刊少年サンデー)




『マギ』は漫画作品。
怪物との戦闘、迷宮探索、悪の組織との争いなど、『千夜一夜物語』をモチーフにしたファンタジーが描かれ、グロテスクな表現でも注目された。2017年に完結。

モルジアナは主人公の敵として登場。しかし、主人公によって奴隷の身から解放され、仲間になる。

<モルジアナの特徴>
・見た目はかわいらしい顔立ちの女子
・岩をも砕く強靭な脚力
・人間なら簡単に投げ飛ばす腕力
・犬並の嗅覚
・猛獣を怯えさせる咆哮
・口調は基本的に敬語
・仲間思い
・基本的に表情を変えないが、たびたびむくれる


『ハイキュー!!』の清水潔子
(作者:古舘春一 掲載誌:少年ジャンプ)




『ハイキュー!!』は高校バレーボールを題材にした漫画作品。
少年漫画らしい魅力的なキャラクターとハイテンションなプレーが誇張気味に描かれる。

清水潔子は主人公が所属する烏野高校男子バレー部のマネージャー(3年生)。

<清水潔子の特徴>
・黒髪のロングヘア
・眼鏡
・一年中、黒タイツを穿いている
・自校、他校問わず人気が高い美人
・基本的には無視、時には平手打ちなど辛辣な面も
・有能なマネージャーで、部への情熱を秘める


『NARUTO』の日向ヒナタ
(作者:岸本斉史 掲載誌:少年ジャンプ)




『NARUTO』は忍者が超常的な能力で戦うバトルアクション漫画。伝説や民話、世界中の宗教を巧みに取り入れた作品世界で、少年・少女と大人たちの絆が描かれる。2014年に完結した。

日向ひなたは主人公の仲間で、名門日向一族のくノ一。

<日向ヒナタの特徴>
・一族に伝わる特殊な『眼』の力と体術を組み合わせて闘う
・性格は温和で控え目
・気弱で引っ込み思案でもある
・両手の人差し指をツンツンさせるのが癖
・幼少期から主人公のうずまきナルトに惚れている
・黒髪がチャームポイント(ショート~ロング)
・バストが大きい
・意外と大食い


『ONE PIECE』のニコ・ロビン
(作者:尾田栄一郎さん 掲載誌:少年ジャンプ)




ニコ・ロビンはナミと同じ『ONE PIECE』のキャラクター。ルフィにとって6人目の仲間。

<ニコ・ロビンの特徴>
・異名は「悪魔の子」
・冷静で頭のいい美女
・トレードマークはオールバック(時代によって変化)とサングラス
・一味では考古学者として活躍
・普段は常識人だが、真顔で毒を吐く一面も
・コミカルな振る舞いをすることもある
・超人系悪魔の実「ハナハナの実」の能力者
 ※身体の一部をあらゆる場所で花のように咲かせることができる


『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の本間芽衣子
(キャラクターデザイン:田中将賀 オリジナルテレビアニメ)




『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は、2011年にフジテレビ・ノイタミナ枠などで放送されたアニメ作品。後にマンガ化された。
若者が幼馴染の死という悲劇に対面し、その後の恋や罪の意識、成長などが描かれる。

ヒロインの本間芽衣子は、死んだはずの幼馴染(幽霊)。

<本間芽衣子の特徴>
・幽霊である
・ロシア人の血を引く
・銀髪碧眼と白い肌
・儚げな印象
・天真爛漫な性格
・超平和バスターズのマスコット的存在
・幼馴染以外の人間の目には映らず、声も聞こえない
・記憶は死亡したときのまま(子供時代)で、言葉遣いは幼い


『宇宙兄弟』の伊東せりか
(作者:小山宙哉 掲載誌:モーニング)




『宇宙兄弟』は漫画作品。
ある夜、未確認飛行物体を目撃した少年たち ―― 六太と日々人の南波兄弟は「一緒に宇宙飛行士になろう!」と誓い合った。しかし、それから19年経った2025年、2人の暮らしぶりには大きなギャップが……。大宇宙に夢をはせる人々の群像劇。

伊東せりかは漫画の主人公・南波 六太(なんば むった)と同期のJAXA所属宇宙飛行士で、元医師。

<伊東せりかの特徴>
・才色兼備な女医
・家族思いの頑張り屋
・父を奪ったALSという病気をこの世からなくしたいと願い、宇宙飛行士になることを目指す
・大食いで食いしん坊
・毎日の日記は食べた料理の記述でいっぱい
・恋愛的には奥手で鈍い
・美人宇宙飛行士ユニット『セリエナ』として大ブーム


『BANANA FISH』のアッシュ・リンクス
(作者:吉田秋生 掲載誌:別冊少女コミック)




「BANANA FISH」は漫画作品。作品の主な舞台はニューヨーク。幼児虐待・ベトナム戦争・政治問題など少女マンガらしからぬテーマが描かれ、アクション&ハードボイルドの傑作として知られる。1994年に完結。

アッシュ・リンクスはマンガの主人公で男性。

実は今回のマンガ美人総選挙、「女性だけでなく、女性らしい、美しいキャラも対象に」というコンセプトで行われ、その中で選出された唯一の男性キャラクター。

<アッシュ・リンクスの特徴>
・17歳の美少年
・金髪
・緑の瞳
・秀でたルックス
・天才級の頭脳(ギャンググループを束ねる)
・細身だが体術が強い
・銃の扱いにも長けている
・男娼としての一面も


「このキャラこそNo.1!」と推薦者が熱いスピーチ!


投票開始前には、推しキャラクターをPRする「演説会」が開催されました。多くの学生が見守る中、3名の代表者が推しキャラクターの特長や愛すべきポイントを熱弁! 読み上げられる思いは投票結果にも影響を……?!

中には近大OGという方も。


篠原 真由さん(近畿大学OG)

モルさんは元々、魔力を用いた戦闘に向いていません。そんな彼女が、命懸けで仲間のために戦う姿が女神のように見えて、私の目に、心に、焼きついて離れません。正直今回のコンテストに出ているほかのキャラクターも手強いです。しかしながら、みなさん、投票する前に改めて、美しさの本質について考えてみてください。その上で、モルジアナが選ばれなかったとしても仕方ないと思います。ですが私は自信を持って言います。モルジアナこそが美しい! モルさんこそがこのコンテストの勝者だと!」

熱い! とにかく熱いです!


スピーチも終わり、いよいよ投票に……


「この子かな?」
「いやー、こっちじゃない?!」

投票を悩み、楽しむコメントがあちこちから聞こえます。



呼び込みの声にさそわれた学生も、お気に入りのキャラクターを見つけ、シールを貼ってくれました!


寺埜 日向さん
「『ハイキュー!!』の清水さんに1票! 優しそうなキャラだから」


坂口 一生さん
「僕はロビン! 露出が多くてセクシーだから。僕、この服が好きなんです(照)」


新田 海翔さん(※写真右下)
「アニメそのものが好きだから、本間芽衣子さんに1票入れました。小学生のころ亡くなったヒロインが、高校生になった主人公のもとに現れる(彼にしか見えない)というストーリーが感動的です」


最多得票の発表


紙投票・ネット投票も終わり、ついにNO.1キャラクターの発表です!

今回のマンガ総選挙。
全769の投票があり、そのうち189票を得て栄光に輝いたのは ――

『ONE PIECE』のナミ!!




さすが人気キャラクターですね!
2位の清水潔子との差は約70票もありました。

1~8位のランキングはこちら!




今回の選挙結果について、日本のアニメ・カルチャーを研究している先生に聞いてみた


マンガ美人総選挙の結果について、近畿大学総合社会学部の教授で、「初音ミク、ニコニコ動画、YouTube、twitter、Facebook」など、現代のネット社会の現象を哲学的に分析されている、清島秀樹先生にお話を伺いました。



―― 最終投票に残った8名をご覧になって、どう思われましたか?

いまの大学生にとって「美人」は非日常的な言葉です。言ってみれば死語ですね(笑)。だから、学生たちは日常的に使う「かわいい」という言葉とは違った、あるいは反対の属性から「美人」を考えたのだろうと思いました。

―― どのような属性でしょうか。

「近づきがたい」「ツンとしている」「影がある」「暗さを秘めている」「傷になるような過去がある」「かっこいい」「つよい」などですね……。

―― たしかに、最終候補に選ばれた8人に共通しますね。ビジュアルもかわいい系とは異なります。

本間芽衣子だけが「かわいい系」ですが、存在が幽霊です。最後までけっこう悲しいキャラクターなんですよね。画面には居るのに、友人たちにはまったく気づいてもらえない。彼女の場合、このような不幸な設定が「美人」の印象につながったのでは?

―― 先生は今回の選挙とは別に、ゼミ生から美人キャラクターの推薦を募ったそうですが、結果はいかがでしたか?

驚くほどにバラけました。ゼミ生からは人気作品の『ラブライブ!』や『アイドルマスター』から何人かのキャラが推薦されましたが、最終候補の8名にはこういったキャラクターの名前がないんですよね……

―― 要因はどこにあるのでしょうか?

ひとつは現代は作品の数が膨大になり、絶対的なキャラクターが存在しにくくなったこと。もう一つは、TVアニメの影響ですね。これは絶大だと思います。

アニメ化によって作品を知り、ファンになってから原作マンガを手に取る。これが現代の学生の傾向です。最終選挙でキャラクターを推薦した学生たちの多くは、マンガではなく、TVアニメを入口に作品を知ったのではないでしょうか。となると、最終選挙に残ったキャラクターの「美人」の印象には、アニメーションに固有の存在である「声優」 ―― キャラクターの声の雰囲気や声優本人の容姿が強烈に影響しているはずです。

―― 選挙結果にとって、声優こそ決定的な要因だったかもしれないんですね。

声優という職業が存在するのは、日本だけなんですよ。
人気が出た声優は、役者や音楽活動を始めます。それでまた知名度が上がり、影響力が増します。ここ数年の傾向では、代表作が出来た声優は、自身の代名詞となったキャラクターの性格や服装に自分自身を近づけていきます。

―― 声優が現実世界でアニメのキャラを演じるような感じですね。自己演出というか。

現在、マンガのキャラクターは、アニメ、マンガ、映画、実写版の映像作品、動画投稿サイトにUPされる動画、音楽、演劇、ゲーム、フィギュア ―― さらに声優の容姿や活動など、様々なメディアにまたがり、相互に影響し合いながら存在しています。ファンの共感を集めたり、みんなで作っていくという気持ちにさせる要素も人気の秘訣。今回の選挙結果にも、こういった要因が作用したのではないでしょうか?


インタビュー後記


清島先生の「選挙結果には、声優の存在と、メディアミックスの効果が反映されている」というご指摘に、「そうか……!」と膝を叩いた方も多かったのでは?

「美人」には容姿端麗で細身のイメージがありましたが、最終投票に残った女性キャラクターは勇猛果敢だったり、実際に戦闘に強かったりと、先入観が揺さぶられる結果でした。


選挙のおわりに


最後に、学生ボランティアの深見陽菜子さんにお話を聞きました!

「1位のナミは、麦わらの一味の航海士で船の操縦の指示をする重要な役割を持っていたり、仲間思いで子どもに優しかったり、悪魔の実の能力者ではないけれど戦闘力もある。投票コメントにも「逆境に負けないところ」とあったので、そこが魅力的なんだと思いました。イケメン、美人に続き、次回は作中の名言にスポットを当てた総選挙をやりたいです」



投票くださったみなさま、ありがとうございました!


取材・文:黒川 直樹
写真:山森 佳奈子
編集:人間編集部



最新の記事