Kindai Picks

Kindai Picks トップあなたはどれくらい知ってる?妖精の住む国アイルランドの魅力

あなたはどれくらい知ってる?妖精の住む国アイルランドの魅力

アイルランド

Kindai Picks編集部

2017.11.09

786 View

tag
学生ライター
オリジナル記事
コラム

北海道とほぼ同じ面積の、小さな島国アイルランド。
ギネスビールやアイリッシュウイスキーなどが有名ですが、ケルト人から語り継がれた妖精の存在が今もあちこちに見られる「妖精の国」と言われているのをご存知でしょうか?
日本人にはあまり知られていない、アイルランドの魅力を紹介します。

みなさん、こんにちは!
近畿大学文芸学部文化デザイン学科2年の脇 広奈です。

いきなりですが、みなさんは「アイルランド」と聞くと、どんなイメージを持ちますか?

パッと「〇〇な国!」と回答できる方は、あまりいないのではないでしょうか?
私自身、この夏実際にアイルランドに行くまで、英語圏であることと、ヨーロッパにあること以外知りませんでした。

そんな私が、近畿大学のインターナショナルセンターが実施している夏期語学研修プログラムで、アイルランドのダブリンシティ大学に留学し、ホームステイしてきました!
約1ヶ月の滞在を通して知った、アイルランドの魅力を紹介したいと思います。


そもそも、アイルランドってどんな国?




まず、アイルランドはイギリスの隣にある小さな島国。
その面積は70300㎢で、ほぼ北海道と同じ。首都はダブリンです。

日本と同じく四季がありますが、日本よりも若干気温が低く、雨が多いのが特徴。
8月でも気温が20度ほどで肌寒さを感じました。

夏は日照時間が長く、夜の9時でもまだ外が明るかったのですが、冬になると、なんと夕方の4時には真っ暗になってしまうそうです!

日本で漢字表記するときは「愛蘭」と書き、略すと「」という国名になるそうです。かわいいですよね!



飛行機から見ると、緑豊かな国であることがよくわかりますね。



首都のダブリンは、歴史のある都市で、建物の高さが低い!日本でいうところの、京都とでも言いましょうか。



そんな街中に突如現れる、高さ121mもある「Spire of Dublin(ダブリン尖塔)」というモニュメント。

ダブリンっ子の待ち合わせ場所はここ!といっても過言ではないほど有名なタワーなのですが、写真を撮ろうとしても高すぎて全貌が映りません……。



そして、「リフィー川」が流れているのですが、夜になると建物の光が水面に映り、とても綺麗でした!



別名が妖精の国?


自然豊かで歴史的な建物も多く保存されているアイルランドですが、「妖精の国」と呼ばれることがあるのをご存知でしょうか。

アイルランドの文化は、自然を信仰していたケルト人の文化に由来するので、ケルト人から語り継がれた、神話や物語に登場する妖精たちが、街の至る所にいるとされています。

世界各国に妖精の逸話はたくさんありますが、ルーツを調べていくと、アイルランドに行きつくんだとか。だから、街の人たちも「妖精たちがいて当たり前」といった様子。
私は見つけられなかったのですが、「妖精注意」とか「妖精横断中」と書かれた看板も存在するそうです。

また、自然を信仰しているアイルランド人は、国花「シャムロック」を愛しています。

シャムロックとは、三つ葉のクローバーのこと(アイルランドでは、クローバーというと四つ葉のことを指すそうです)。三つの葉っぱが三位一体を表すとして、国王がシャムロックを用いてキリスト教を広めたこと、ケルト人の伝説で3という数字に魔力があることから、シャムロックが愛されるようになったそうです。



私のホストマザーも、私が帰国する前日に「シャムロックがあなたを守ってくれるよ」と様々なシャムロックグッズをプレゼントしてくれました!



主食はジャガイモ!


日本の主食はお米。では、アイルランドでは何を主食にしていると思いますか?

正解は、ジャガイモです!

アイルランド人は、とにかく沢山のジャガイモを食べます!
マッシュポテトやチップス(フライドポテト)、ローストポテトなど、様々な方法で調理されたジャガイモが昼も夜も食卓に並んでいました。

約1ヶ月の短い滞在ではありますが、ジャガイモを食べない日はありませんでした。

そのせいかはわかりませんが、滞在中に4キロも太っていました…。
恐るべしジャガイモ生活。

ちなみに、どのような形でジャガイモが使われているかと言うと……。



ハンバーグに蒸したじゃがいもと山盛りのポテトフライが乗っていて、どちらがメインかわからなくなるほど、ボリューム満点です。



ライス付きの料理にも、どっさりマッシュポテトが…。



お酒が大好きなアイリッシュ


アイリッシュパブ」や「アイリッシュウイスキー」といった言葉を耳にしたことはありませんか?

それもそのはず、アイルランド人はお酒が大好き!ダブリン中心部に行くと、沢山のパブが軒を連ねています。



中でも一番有名なのは、「The Temple Bar(ザ・テンプルバー)」というパブで、いつ足を運んでも観光客でいっぱい。夜になると音楽の演奏などもあり、とても楽しい雰囲気の場所になっています!

アイルランドというとビールの「Guinness(ギネス)」やウイスキーが有名ですが、現地では「サイダー」も定番。

サイダーと言ってもただの炭酸飲料ではなく、イギリスなどでもよく飲まれるシードル(リンゴ酒)のことです。
一番人気は「Bulmers(ブルマーズ)」というブランド。お酒が苦手な女の子でも飲みやすいので、おすすめです。



アイルランド人はお酒を「ちゃんぽん」しないようで、ホストマザーに色々なお酒を飲んだことを伝えると「邪道な飲み方!」と、言われてしまいました…。これまた文化の違いですね……。


自然豊かなアイルランド!




そして何より、アイルランドは自然豊かな国

なんと、写真のような通学路にリスがいたこともありました。
朝からリスを見ながら学校に行くなんて、思ってもみませんでした。日本ではなかなか出会うことのない動物との対面にとても癒されたのを覚えています。

それと、カモメのような鳥があちこちに飛んでいることにも驚きました。

そんな自然豊かなアイルランドのNO.1観光スポットが「Cliffs of Moher(モハーの断崖)」。200mもの高さのある断崖で、そこから眺める景色はとにかく絶景。



柵がないため足がすくんでしまうほど怖いんですが、日本では拝めないような景色に触れられるのでアイルランドに訪れた際はぜひ足を運んでみてください!

Giant’s Causeway(ジャイアンツ・コーズウェー)」も神秘的な景色が広がる場所として有名。



北アイルランドにあるため、ダブリンから行くとバスで3時間ほどかかりますが、火山活動で生まれた4万もの六角形の石柱が見られます。



巨人が作ったという伝説を現地の方から聞いたのですが、納得してしまうくらい神秘的です。
なぜ六角形なのかは………謎です。



いかがでしたか?
イギリスの近くなので、食べ物がおいしくないのではないかと思われがちですが、ジャガイモが好きならきっと料理は言うことなし!
神話や逸話も多く、絶景スポットも多いので女性なら、ハマってしまうこと間違いなし!
日本との文化の違いも多く、旅にも留学にもぴったりなアイルランド。



また、アイルランド人はみんなフレンドリーで、たくさんの人が困っている私を助けてくれました!

アイルランドは妖精の国。幸運のお守り「シャムロック」が、あなたをきっと守ってくれます!ぜひ一度足を運んでみてください。

(おわり)

ライタープロフィール
脇 広奈(わき ひろな)
近畿大学 文芸学部 文化デザイン学科 2年
京都府出身。鴨川の納涼床のある料亭で仲居さんのアルバイトをしている、元SMAP中居くんのファン。趣味は美味しいもの巡りという、今時等身大の女子大生。



最新の記事