Kindai Picks

Kindai Picks トップ就活生は見た!企業の裏側、学歴フィルター、オワハラの実態!(内定者覆面座談会・前編)

就活生は見た!企業の裏側、学歴フィルター、オワハラの実態!(内定者覆面座談会・前編)

TOP

Kindai Picks編集部

2016.04.11

8409 View

tag
就活
オリジナル記事

学生も人事担当者もウソハッタリが当たり前!? これが就活の真実だ!

就活戦線で数々の試練を勝ち抜き、人気優良企業の内定を勝ち取った6人が就活の本音を語る、内定者覆面座談会。企業と学生による権謀術数の交錯、驚きの面接官の登場や、就活のせいで敗れた恋など・・・覆面ならではの赤裸々なトークを展開。今明かされる現代就活事情とは!

.



【参加者プロフィール】


パンダ(文系男子 内定先/旅行会社)
「在学時に旅行サークルの運営を担当、旅行業の苦労も学んだのでそれを生かせる職業に。ハワイのビーチを1000人で貸し切ったり、テーマパークの貸し切りパーティなどを企画してみたい」


キリン(文系男子 内定先/商社)
「正直、給料が一番よかった。自分のやりたいことをさせてもらえる環境も志望理由の一つ。将来は自分の好きなものを扱って取引できる部署を作りたい。ゆくゆくは独立したいので、そのために力を付けられるのも商社だと考えた」


マンドリル(文系男子 内定先/地方銀行)
「人の人生をお金の面から支えたい。法人営業に強みがあるこの銀行を志望した。コンサルティング機能を生かして、問題解決ができる銀行員になりたい。自分が大事にしてきた人間力を評価され、採用してもらった」


ブタ(文系男子 内定先/商社)
「規模がなければ自分の夢を実現できない可能性があるので、スケールメリットで選んだ。加えて収入と年間休日が他社に比べてよいことも決め手に。35〜40歳ぐらいになったら会社を辞めることも視野にある。その後は起業するか、リタイヤするか。ホールディングスなので子会社の社長になるのもいいと思う」


ウサギ(文系女子 内定先/セキュリティ関連)
「大阪で勤務できることを主眼に選択。加えて、父の取引先であり、社員の評判もよかったので受けてみようと思った。結婚しても続けられそうなところもポイント」


シマウマ(理系女子 内定先/文具メーカー)
「志望の一番の理由は、その会社の商品が好きだったこと。小学生の頃からずっとファンだった。元々教職を志望していたが、教育現場が予想以上に荒廃していて、教師も受験のための勉強しか教えていないことに失望した。それならば商品を通じて子どもの勉強を支えたいと考えた」



1ラウンド 「こんな面接官あり!?」~社員の目が死んでいる~


――さっそくですが、就活中のエピソードを聞かせてください。

シマウマ 就活中に気がついたのですが、面接官に社風は出ますね。外国人も積極的に採用している会社の集団面接で、面接官にも就活生にもハーフらしき人がいたんですよ。日本語がおぼつかない状態でやりとりしていて、ちゃんとコミュニケーションとれてるのか?と心配になりました。グローバル指向なのは分かりましたが、面接自体は雑な印象だったかな。

キリン 社員の目が死んでいる会社がありますよね。人事担当者は、会社から命令されて仕方なくやっているだけという印象。僕の答えにも興味がなさげでした。学生もせっかく時間を割いてきているのに・・・。あと、説明会では絶対いいことしか言わない。鵜呑みにしたらあかんというのは、自分の中で意識していました。

ウサギ 面接会場に案内されるときに、上司が部下を怒鳴りつけている場面を目撃したことも。部下は「すみません、すみません」って謝っていて。就活生に見られることも意識してない。それが当たり前になっているんでしょうね。面接でも横柄な感じがして、次に進んだとき「行きません」って断りました。あと、東京の会社の面接で「おもしろい話をして」って言われて・・・。それに答えたら「大阪の子ってみんなこんなのなの?やばーい」みたいに小馬鹿にされたこともありました。

マンドリル それイラッとするな。関西人のあるあるやん。

ウサギ あと、面接官がオネエやった(全員爆笑)。大手の会社なのに。面接会場に入ったら「うん♡こんにちは♪うふふ」って。男の人なのにまつげはビューラーでカールしてるし、チークも塗ってて。最初はウケねらいかと思ったけどガチでした。「ふうん↑それで?もっと聞かせて♡んんん♪」とか。

――それはスゴイですね(笑)

ウサギ それだけではないんです。その時は同じグループの就活生に中国人がいて、私がしゃべろうとすると、日本人にはない強烈な勢いで「私はでもね!ナントカでアルよね!」みたいに割り込んでくるの。超ハングリーな姿勢が衝撃的やった。で、オネエと中国人がコラボ! 



シマウマ そんな面接、私やったらめっちゃ楽しんで受けるわ。個性的な人を人事担当に据える社風とか、おもしろいよね。

――なるほど・・・面接官から知る企業風土というものがありますよね。

パンダ 面接時点ではないですが、内定者アルバイトで、週5日、9時から17時まで働いてタイムカードを切らされた後、さらに“次の日のミーティング”ということで21時ぐらいまで無賃で働かされたことがありました。社員は愚痴が多くて、支店長ですら窓口でお客さんの悪口を言ったり。給料も安いし、この会社はないと思いました。その会社はずっと募集告知をしていて、1000人以上採用して半数以上が辞めるらしいです。

――そういうことは、入社してから知ると絶望的ですね。

ブタ 自社がほしい人材があるのであれば、面接のときにきちんと会社のスタイルを打ち出してほしい。入ってからそれを知って違和感を感じる場合もあって、それは時間と金と人生の無駄だし、誰も得しない。そして、採用担当者は内定出し後も気を抜かず、内定者と向き合ってほしいよね。


ラウンド2 「企業情報の裏側」~その企業情報、本当ですか?~


――企業が開示している情報については、どういった部分に注目していましたか?

シマウマ 離職率は常に気にしていました。「うちの離職率は8パーセントで低い」と強調する会社があって、その会社は主に製造部門と営業部門に分かれているのですが、調べると製造部門はほとんどやめていない。ということは営業部門で倍の人数が辞めているっていうこと・・・。

――なるほど。企業が開示している情報も、そのまま受け取れないということですね。

ウサギ 説明会の時は「女性も存分に働けますよ」と言われた会社で、海外赴任もあると聞いたので「結婚してからも赴任の辞令があるのですか?」って質問したら、「夫や子供を置いて単身赴任しなさい」と言われました。それは男女雇用の均等をはき違えているんじゃないかと思います。

ブタ そういや、「育休や産休の制度」を強調する会社があったから、その取得率を聞いたら「データが手元にない」って。ああ、これは出せないんだなと。

シマウマ 聞いた話なんだけど、理系の企業で「結婚とか出産とかはみなさん、どうされているんですか」って聞いたら「うちは上から順番に」って答えた会社があって。言い換えると、順番がくるまで控えざるを得ない職場だっていうことですよね。




ラウンド3 「学歴フィルター」~学歴だけで判断するのはヤメて!~


――学歴だけで判断されて除外される、いわゆる学歴フィルターって感じた瞬間ありますか?

ウサギ 某社で、名前と学校名と資格を書いて出したらシュッと黙殺されたことがありました。

キリン 学歴フィルターなんかで人を判断する。そんな人そのものを見ることのできない企業なんか、こっちから願い下げや!と思いました。

ブタ 近大関大あたりから上との差を感じるよね。同志社と関学、その他みたいな分け方をされますね。

キリン 学歴関係なく受けさせるのは、企業イメージ守るためやって聞いた。特定の大学しか取らないということが公になれば企業の評価が下がるから、表向きは取るということにしている。女子を取るっていうのもそう。世間体が大事な会社が多いのは感じました。

シマウマ 合同説明会で、3人並んで説明を聞いてる時に、大学名を聞かれて答えたら、神戸大学の人とあからさまに対応が違うんで、腹が立って「もう、ここはいいや」と思ってその場を立ち去りました。

ブタ 特にメガバンクは、学歴に強いこだわりを持つところはありましたね。

マンドリル 間違いないね。関関同立と近大までで切るところもある。

シマウマ 今、ダイバーシティってすごく言われていて、男女、国籍問わず採用する風潮ですが、やっぱり学歴で判断される部分がある。それで得する部分も確かにあったりするけど、個人個人の性格や個性の違いをしっかり見てほしいな。


ラウンド4 「オワハラ」~内定断るとコーヒーかけられる!?~


――世間ではオワハラ、つまり「内定した優秀な学生を他社に奪われるのを防ぐため就活の終了を迫る行為」が問題となっていますよね。

パンダ 就活しはじめの頃、某社で最終面接までいったんですよ。で、第一志望の企業とうちとどっちがいいの?って聞かれて、正直に第一志望を言いました。そこから人事と一対一で30分ぐらい面接ですよ。「なんで第一志望の方がいいの?来てくれるっていったよね?」みたいにオワハラが始まりました。本当に狭い個室みたいなところで。めっちゃ怖かった。「第一志望をやめるっていうなら、ここで内定出して帰らせてあげるけど?」っていう感じで。

キリン マジでオワハラやん。

パンダ 「第一志望は諦めます、断ります」って答えた。今年は就活が早まったので、企業も早め早めに取りたい傾向があったみたいですね。

シマウマ 最終面接に行ったら「ほかに受けてるところはどこですか?」と「そことうちと受かったら、どっちにしますか?」という質問が必ずありました。

ウサギ 私もオワハラありました。内定辞退の電話を入れたら「なんで?そことウチと何が違うの?うちとその会社の違い、述べて!」みたいにいわれて、「こういうところが違う」っていったら「そしたら何でウチを受けたの?何で?」みたいに言われました。

キリン 某証券は内定断ったらコーヒーかけられるって聞いた。

マンドリル 伝説やんな。

キリン 先輩の友達の話やけど、断りにいったらホンマにコーヒー持ってたらしいんですよ。で、そいつはコーヒーかけられるって知ってたから、パって人事からコーヒー取って一気飲みしたら「お前やるな」って言われたとか。

パンダ ホンマかそれ(笑)。

シマウマ ニュースでは東大生の人がカレーをかけられたってやってましたね。


~まだまだ尽きない話は、“盛ってナンボ!”“こっそりOB訪問”…これが就活生の実態だ(内定者覆面座談会・後編) へ続く。~

記事を読む

最新の記事