Kindai Picks

広報・ニュース

2019.12.27

今年最も読まれた記事は? 2019年Kindai Picks人気記事ランキング

Kindai Picks編集部

1706 View

tag
オリジナル記事
人気記事
ランキング

2019年も残すところわずか。Kindai Picksでは、今年どんな記事が多く読まれたのでしょうか? 2019年1月1日〜12月25日までに公開された記事を対象に、アクセス数上位や注目度が高かった記事を発表します! 読み逃している記事があれば、この機会にぜひチェックしてみてください。

2019年アクセス上位ランキング

2019年1月1日〜12月25日までに公開されたオリジナル記事を対象に(キュレーションした外部記事は対象外)、公開日から1週間のアクセス数(ページビュー)を集計してランキングにしました。

では、10位から1位まで、順番に発表します!

10位:天才編集者・箕輪厚介氏の「就活」論とは?「就活2.0 これからの働き方」レポート

天才編集者・箕輪厚介氏の「就活」論とは?「就活2.0 これからの働き方」レポート

数多くのヒット書籍を世に出している天才編集者・箕輪厚介さんをゲストに、アカデミックシアターで行われたイベント「就活2.0 これからの働き方」のレポートと独自インタビューをまとめた記事。働き方や就活のトレンドが変わりゆく中で、箕輪さんの「生き方」や「仕事についての考え方」が就活生に刺さりました!

天才編集者・箕輪厚介氏の「就活」論とは?「就活2.0 これからの働き方」レポート
公開日:3月1日/書いた人:かまたま


9位:ハロプロヲタク号泣!つんく♂プロデュースの近大入学式にぱいぱいでか美が潜入【KINDAI GIRLS】

ハロプロヲタク号泣!つんく♂プロデュースの近大入学式にぱいぱいでか美が潜入【KINDAI GIRLS】

つんく♂さんが総合演出をつとめて6年目となる今年の近大入学式に、ハロプロヲタクとしても有名なタレントのぱいぱいでか美さんが潜入! パフォーマンスを行う現役近大生アイドルユニットKINDAI GIRLSの事前練習にも密着し、当日は感極まって泣いてしまったでか美さん……。そんなでか美さんの熱い想いが込もった文章に読者ももらい泣きしてしまう、まさに「ハロプロヲタク号泣」な記事です!

ハロプロヲタク号泣!つんく♂プロデュースの近大入学式にぱいぱいでか美が潜入【KINDAI GIRLS】
公開日:4月25日/書いた人:ぱいぱいでか美


8位:皮ごと食べて大丈夫?むかない安藤が野菜や果物の「毒性」を栄養学の先生に聞いてみた

皮ごと食べて大丈夫?むかない安藤が野菜や果物の「毒性」を栄養学の先生に聞いてみた

果物や野菜などの皮をむかずにそのまま食べる動画で話題のむかない安藤さんがKindai Picksに登場! 約8年間活動を続け、むかずに食べた食べ物は約300種類。そもそも、皮はなぜ必要なの? そのまま食べても害はないの? 農薬などの影響は? 皮に関するあらゆる疑問を、農学部食品栄養学科の米谷先生にたずねてみました。「植物の視点で考えたことはなかった」「面白くて勉強になる」と、Twitterで多くのコメントが寄せられました。

皮ごと食べて大丈夫?むかない安藤が野菜や果物の「毒性」を栄養学の先生に聞いてみた
公開日:10月23日/書いた人:むかない安藤


7位:西日本の私立総合大学で首位!早稲田と並ぶ 世界大学ランキング「THE Asia University Rankings 2019」



今年5月に発表された世界大学ランキングの一つ「The Times Higher Education Asia University Rankings 2019」(アジア版)の結果を紹介した記事。近畿大学は昨年の201-250位からさらに順位を上げ、早稲田大学と並んで166位(西日本の私立総合大学では首位)に! 近大の「広報・ニュース」として、在学生や卒業生、大学関係者の注目を集めました。

西日本の私立総合大学で首位!早稲田と並ぶ 世界大学ランキング「THE Asia University Rankings 2019」
公開日:5月7日/書いた人:近畿大学広報室


6位:超学歴社会の中国から脱出! 日本留学で「健康」と「なりたい自分」を手に入れた僕が日本人に言いたいこと

超学歴社会の中国から脱出!日本留学で「健康」と「なりたい自分」を手に入れた僕が日本人に言いたいこと

中国生まれの学生ライター謝銘哲(シャ・メイテツ)くんが、中学人留学生増加の理由と、日本と中国の「大学受験」の違いを解説! 学業成績至上主義な中国の実態と、自らの体験を赤裸々に語り、「中国では想像もできなかったことが、日本でなら可能」と、やりたいことを見つけて挑戦する謝くん。学校関係者から応援の声が多く寄せられ、Facebookで多くシェアされました。

超学歴社会の中国から脱出!日本留学で「健康」と「なりたい自分」を手に入れた僕が日本人に言いたいこと
公開日:7月18日/書いた人:謝銘哲(国際学部 国際学科 グローバル専攻 3年)


5位:西日本私立総合大学で唯一、601-800位にランクイン THE世界大学ランキング2020

西日本私立総合大学で唯一、601-800位にランクイン THE世界大学ランキング2020

9月12日に発表された、世界大学ランキングの一つ「The Times Higher Education World University Rankings 2020」の結果を紹介した記事。近畿大学は昨年同様、早稲田大学、慶応大学と同じ601-800位にランクインしました。7位の「THE Asia University Rankings 2019」の記事と同じく、近大の「広報・ニュース」として、在学生や卒業生、大学関係者の注目を集めました。

西日本私立総合大学で唯一、601-800位にランクイン THE世界大学ランキング2020
公開日:9月12日/書いた人:近畿大学広報室


4位:手足口病、ヘルパンギーナが急増中! 夏の疲れが招く大人の夏風邪にご注意を

手足口病、ヘルパンギーナが急増中! 夏の疲れが招く大人の夏風邪にご注意を

大人も気をつけなければならない「手足口病」「ヘルパンギーナ」「プール熱」などの夏風邪。医学部の宮崎紘平先生に、その症状や予防法を解説していただきました。夏風邪の流行時期に公開したことで、短期間でニュースアプリ「スマートニュース」からのアクセスが集まり、上位にランクイン!

手足口病、ヘルパンギーナが急増中! 夏の疲れが招く大人の夏風邪にご注意を
公開日:7月1日/書いた人:藤田幸恵


3位:死因究明のカリスマ!2万人の遺体を解剖した【監察医】巽信二先生に聞く法医学の世界

死因究明のカリスマ!2万人の遺体を解剖した【監察医】巽信二先生に聞く法医学の世界

毎年Kindai Picksアクセス上位に入る記事を書いてくれる、フリーライター社領エミさんによる、医学部法医学教室の主任教授で監察医の権威・巽信二先生のインタビュー記事。解剖を通じて遺体から死因を考察し、事件解決のヒントを見つけるだけでなく、遺族の心をときほぐすことも心がけているという巽先生の話が「泣ける」と話題に。3月に公開した記事ですが、なぜか12月にもTwitterで多くシェアされ再び話題に……。

死因究明のカリスマ!2万人の遺体を解剖した【監察医】巽信二先生に聞く法医学の世界
公開日:3月20日/書いた人:社領エミ


2位:韓国に行くのは危険?1年の留学を終えた3人が語る「日韓報道」のギャップ



今年は、韓国の反日デモや不買運動、観光客の減少など、日韓問題のニュースが一年を通して数多く報じられました。実際のところどうなの? 韓国旅行や留学は控えるべき? 1年間の「韓国留学」を経験して帰国した国際学部東アジア専攻韓国語コースの学生3人に話を聞いた記事が2位にランクイン! こちらも「スマートニュース」からのアクセスが集中しました。

韓国に行くのは危険?1年の留学を終えた3人が語る「日韓報道」のギャップ
公開日:10月25日/書いた人:ヒトミ☆クバーナ


1位:中国人が「爆買い」する理由とは!?日本人の知らない中国の裏事情を近大の中国人留学生が語る!

中国人が「爆買い」する理由とは!?日本人の知らない中国の裏事情を近大の中国人留学生が語る!

なんと、6位にもランクインしている謝銘哲(シャ・メイテツ)くんのライターデビュー作が1位に! こちらは大阪でもよく目にする中国人観光客の「爆買い」の裏にある本当の理由を語った記事。中国の「通貨膨張」や、実は「爆買いの日」があるなど……知られざる中国人の爆買い事情に、「知らなかった」「爆買いしてる中国人を見る目が変わった」という声が。中国人観光客が増える春節の前ということもあり、公開後2日で10万ページビューを達成しました。

中国人が「爆買い」する理由とは!?日本人の知らない中国の裏事情を近大の中国人留学生が語る!
公開日:1月31日/書いた人:謝銘哲(国際学部 国際学科 グローバル専攻 3年)


今年ライターデビューした国際学部3年生の謝銘哲くんの記事が2本もランクイン! 共通点は「旬」な話題であり「意外と知らない事実」であること。そして、ランキング全体を見ても、中国や韓国のニュースに興味が注目が集まっていることがわかります。


2019年編集部のおすすめ記事

残念ながらランキング上位には入りませんでしたが、他にも面白い記事はたくさん。Kindai Picks編集部のおすすめ記事を3本紹介します。

歌詞から読み解く「平成」の恋愛観!ラブソング1350曲を言語分析してみた

歌詞から読み解く「平成」の恋愛観!ラブソング1350曲を言語分析してみた

昭和と平成にヒットした恋愛ソング計1350曲の歌詞を言語解析し、「平成の恋愛観」がどう変化していったのかを分析した記事。東京で行われた次世代ライター企画プレゼンイベント「ENTER」にKindai Picks編集部が参加して獲得した企画です。言語解析によって、恋愛観と共にさまざまな時代背景が見えてくる、とても興味深い内容になっています。

歌詞から読み解く「平成」の恋愛観!ラブソング1350曲を言語分析してみた
公開日:3月27日/書いた人:らんらん


男はデートでおごるべき?ジェンダー論から考える、日本の「恋愛格差」と「生きづらさ」

男はデートでおごるべき?ジェンダー論から考える、日本の「恋愛格差」と「生きづらさ」

「デートで男性がおごる」という構図が生まれた背景や、時代と共にどう変化しているのか? という疑問を、近大生120人のアンケートを元に、ジェンダー論の専門家・奥田祥子教授にお話を伺った記事。男性の生涯未婚率が増加する日本において「男性の生きづらさ」も見え隠れする……「男女格差」の視点からも今読んでおきたい内容です。

男はデートでおごるべき?ジェンダー論から考える、日本の「恋愛格差」と「生きづらさ」
公開日:12月20日/書いた人:龍崎真侑(国際学部 国際学科 グローバル専攻 2年)


異例の大ヒット続出!「ゾンビ」はなぜ人気なのか?多様化するコンテンツの魅力と、現代人が抱える恐怖を探る

異例の大ヒット続出!「ゾンビ」はなぜ人気なのか?多様化するコンテンツの魅力と、現代人が抱える恐怖を探る

今年から総合社会学部の教員として着任した、コンテンツツーリズムを専門に研究する岡本健准教授。ゾンビを学術的視点から研究した書籍『ゾンビ学』を元にした岡本准教授の授業は、履修希望者が殺到し追加開講するほど人気で、オープンキャンパスでもゾンビをテーマにした謎解きイベントも実施しました。そんな岡本准教授と、新しいホラーコンテンツをプロデュースする株式会社闇の頓花聖太郎さんのゾンビ対談です。

異例の大ヒット続出!「ゾンビ」はなぜ人気なのか?多様化するコンテンツの魅力と、現代人が抱える恐怖を探る
公開日:7月17日/書いた人:トミモトリエ


2019年近畿大学的注目トピックス

続いて、近畿大学広報が選ぶ、近畿大学のトピックスとして注目度の高かった記事を紹介します。

超学食革命!健康管理とキャッシュレスに特化した次世代型「近大新食堂」徹底紹介

超学食革命!健康管理とキャッシュレスに特化した次世代型「近大新食堂」徹底紹介

9月12日にオープンした東大阪キャンパスの新食堂の紹介記事。プロテイン入りの麺や食事代替シェイクなどを提供する「DNS POWER CAFE」や、炭火グリルの肉料理や近大発食材のメニューなどを提供する「THE CHARGING PIT&DINER」、サーティワンや天然酵母ベーカリーの人気店も出店し、キャッシュレス専用オーダーシステムやアプリでのカスタマイズ注文もできる次世代型食堂に注目が集まりました。

超学食革命!健康管理とキャッシュレスに特化した次世代型「近大新食堂」徹底紹介
公開日:9月17日/書いた人:菊池諒也(総合社会学部 社会・マスメディア系専攻 2年)


2万8千年前のマンモスの細胞核が動いた! 世界に衝撃をもたらした近大の「マンモス復活プロジェクト」遺伝子研究の最前線に迫る

2万8千年前のマンモスの細胞核が動いた! 世界に衝撃をもたらした近大の「マンモス復活プロジェクト」遺伝子研究の最前線に迫る

今年3月、マンモスの化石から採取した細胞核をマウスの卵子に移植したところ、生命活動の兆候が見られたという、近大生物理工学部を中心とする研究グループが発表した論文。世界中に大きなインパクトを与え、多くのニュースで取り上げられました。

2万8千年前のマンモスの細胞核が動いた! 世界に衝撃をもたらした近大の「マンモス復活プロジェクト」遺伝子研究の最前線に迫る
公開日:7月4日/書いた人:大越裕


【近大卒業式】過去を変える「挑戦」を! キンコン西野と一ノ瀬メイのスピーチ

【近大卒業式】過去を変える「挑戦」を! キンコン西野と一ノ瀬メイのスピーチ

今年の近大卒業式は、絵本作家でお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さんがサプライズで登場し、スピーチの内容が話題に! また、卒業生代表として、パラ競泳選手の一ノ瀬メイさんが「東京パラリンピックで表彰台に上がる」という目標を宣言しました。

【近大卒業式】過去を変える「挑戦」を! キンコン西野と一ノ瀬メイのスピーチ
公開日:4月16日/書いた人:西畑将大+トミモトリエ


他にも、近大水産研究所でニホンウナギの人工ふ化と50日の飼育に成功したニュース、元近大相撲部の朝乃山関が大相撲夏場所で初優勝したニュース、工学部の道上達広教授が関わる「はやぶさ2」の快挙など、さまざまな注目トピックスがありました。

完全養殖ウナギは4年後に食べられるの? 近大が「ニホンウナギ」の人工ふ化に成功 立役者の田中教授に聞いてみた

「はやぶさ2」が持ち帰る小惑星地下物質とは!?NASAの先行く快挙の舞台裏に迫る

三役経験無しの優勝は58年ぶりの快挙!近大卒の大相撲力士・朝乃山が語る、学生時代と今


2020年もよろしくお願いします

今年もKindai Picksをご愛読いただき、ありがとうございました。
2020年も、研究・教育の分野だけでなく、近畿大学らしいユニークな視点でさまざまなコンテンツを発信していきます。
来年もKindai Picksをよろしくお願いいたします。


(おわり)


文:トミモトリエ
編集:人間編集部

ランキング

新着記事

ランキング

全部見る

新着記事

全部見る

MENU

FOLLOW US

  • facebook
  • twitter