Kindai Picks

発症前に「タミフル」服用も。インフルエンザ最前線2018

トップ

Kindai Picks編集部

2018.01.17

36478 View

tag
研究
健康
ヘルスケア
オリジナル記事

1月に入りインフルエンザ感染者数が急増し、各地の学校では学級閉鎖が相次いでいる。今まさに私たちに襲いかかっているインフルエンザについて、近畿大学医学部附属病院 感染対策室 室長の吉田耕一郎先生に聞いた。

.



PROFILE
吉田耕一郎(医学部医学科)
専門:感染症、深在性真菌症、院内感染対策
感染症の診断と治療、特に真菌による感染症を研究。抗菌薬耐性菌対策など、院内感染対策についても実践。



厚生労働省が1月10日に発表した情報によりますと、定点医療機関からの報告をもとに、昨年12月25日~31日の期間にインフルエンザで全国の医療機関を受診した患者数を推計すると約101 万人におよぶとされています。

そこで、インフルエンザの基礎知識から予防方法まで、近畿大学医学部附属病院 感染対策室 室長の吉田耕一郎先生に聞いてみました。

「インフルエンザ流行レベルマップ」国立感染症研究所

2017 - 2018年 今シーズンのインフルエンザ

疑問 今季のインフルエンザは、どのような傾向がありますか?

吉田耕一郎先生 今シーズンは例年と比べて、流行の立ち上がりが早いようです。2017年末には全国の定点あたりの報告数が17.88と注意報レベルを超えています。
大阪府でも今年第1週の定点あたりの報告数は12.7と昨年末よりも高くなっています。1月中旬から下旬にかけて、さらにインフルエンザの流行は加速すると予測されます。また、今年は昨年末の流行初期からからインフルエンザA(H1)pdmに次いで、通常2月から流行し始めるB型が多いのが特徴です。


疑問 インフルエンザの症状の特徴は?

吉田耕一郎先生 インフルエンザの特徴として、突然症状があらわれること、38℃から40℃くらいの高熱が出ること、そして筋肉痛・関節痛や倦怠感などの全身症状が強く出ることなどが挙げられます、ただし、インフルエンザの場合も発症してから2〜3日経つと、風邪と同じように鼻水や咳といった症状が目立つようになります。

最近はインフルエンザのワクチンを接種している方も多くなってきましたが、ワクチン接種後にインフルエンザに感染した場合、発熱が高くなかったり、全身症状が比較的軽くすむことも多くみられます。症状が軽くてもインフルエンザは他の人に感染していきますので、流行期に上気道炎症状や微熱がある場合はインフルエンザではないかと考えて、早期に受診することが大切です。



疑問 病院では、どのように診断をするのですか?

吉田耕一郎先生 先程お話ししたような症状から判断をすることもありますが、通常は、長い綿棒のようなもので鼻の粘液を採取して、インフルエンザの抗原(身体の免疫が反応する物質)の有無を調べます。これは迅速診断法と言って、その場ですぐに結果がわかるのがメリットです。ただし、発症してから12時間以内だと検査に引っかからないこともありますので、そのような場合には再度検査を受けにきていただく場合もありますね。



今からできる予防法

疑問 予防にはどのような方法がありますか?

吉田耕一郎先生 マスクの着用、手洗い、うがいなどをするのはもちろん、できるだけ人混みを避けたり、体力が低下しないよう食事や睡眠に気を配ったりするのも大事です。それから、乾燥しているとインフルエンザウイルスに感染しやすくなるため、室内では必要に応じて加湿器を使用するようにしましょう。


思案 予防接種については、その効果を疑問視する声もあがってるようですが、実際のところはどうなんでしょうか?
インフルエンザワクチンを接種すれば必ず発症しないというわけではありません。ただし、ワクチンを接種したグループとしなかったグループを比較し、発症確率を抑えられることは確かめられています。ワクチン接種によってインフルエンザが発症しなくなる確率は、およそ60%から80%くらいですね。それに、もし発症したとしても重症化を防ぐ効果がありますので、やはりインフルエンザの予防接種は受けておくのがお勧めです。また、高齢者の場合は肺炎を併発する可能性もありますので、肺炎球菌ワクチンも接種するのが望ましいでしょう。

疑問 インフルエンザ予防接種は、いつ受けるのが良いですか?

吉田耕一郎先生 接種してから効果があらわれるまでに2週間程度かかりますので、できれば流行が始まる11月から12月くらいには受けておくのが良いとされています。ただし、先程お話ししました通り、今年は流行が遅れていますので、今からでも受けないよりは受けた方が良いでしょうね。



残念ながら感染してしまったら

思案 インフルエンザの治療方法について、教えてください。

吉田耕一郎先生 飲み薬、吸入薬、注射薬などで治療をします。なお、発汗によって脱水状態になることがありますので、水分補給にも気を配るようにしましょう。


驚き もしインフルエンザに罹患してしまった場合は、どうすればいいでしょうか?

吉田耕一郎先生 すぐに医療機関を受診することが大切です。抗インフルエンザ薬を使用すれば、速やかに解熱する場合もありますが、発症後5日間、あるいは解熱後2日間は、患者さんからウイルスが排出されると言われていますので、その間は仕事を休んで感染を広めないようにしましょう。



驚き 家族がインフルエンザに感染したら?

吉田耕一郎先生 ご家族にインフルエンザ患者がいる場合は、他の家族にうつさないように、個室で安静にしてなるべく他の人と接触しないようにしてもらい、患者さんご本人はマスクを着用するようにしましょう。家庭内でインフルエンザ患者が出てからワクチンを摂取しても予防効果は期待できませんが、特定の対象者にはインフルエンザの治療に使うお薬を先に飲むことで予防する方法はあります。



ショック 発症前に薬を飲むのですか?

吉田耕一郎先生 そうです。インフルエンザを発症した際に使用する薬「タミフル」「リレンザ」「イナビル」は、特定の対象者については、予防目的で使うことも認められています。高齢者、心臓や肺の慢性疾患、糖尿病、腎機能障害などの病気をお持ちの方においては、同居のご家族がインフルエンザを発症した場合には、48時間以内(理想は36時間以内)に、これらの薬を使用すれば予防効果が期待できます。このような方は、インフルエンザに感染することで重症化することもありますので、かかりつけのお医者さんに相談してみてください。


いかがでしょうか。インフルエンザは、これからまだまだ猛威を奮っていくことが予想されています。正しい知識を身につけて、適切な予防や対処ができるようにしておきましょう。


<→「1週間で患者数205万人!もしかしたらその症状「隠れインフル」かも!?」に進む>
<→「所要時間わずか30秒!専門家が勧める新型インフルエンザ予防法」に進む>

記事を読む

最新の記事