Kindai Picks

大流行の原因や予防接種の効果とは。今知りたいインフルエンザ2018

体調悪いイメージ

Kindai Picks編集部

2018.02.01

2142 View

tag
研究
健康
ヘルスケア
オリジナル記事

猛威をふるっているインフルエンザ。厚生労働省によると、一週間の全国の推定患者数は約283万人と過去最多を記録した。
爆発的に流行している背景やA型とB型の違いなど、近畿大学医学部附属病院 感染対策室 室長の吉田耕一郎先生に聞いた。

.


PROFILE
吉田耕一郎(医学部医学科)
専門:感染症、深在性真菌症、院内感染対策
感染症の診断と治療、特に真菌による感染症を研究。抗菌薬耐性菌対策など、院内感染対策についても実践。


厚生労働省が1月26日に発表した情報によると、定点医療機関からの報告をもとに、1月15日~21日の期間にインフルエンザで全国の医療機関を受診した患者数を推計すると約283万人におよび、統計を取り始めた平成11年以降で過去最多を記録したことがわかった。
「インフルエンザ流行レベルマップ」国立感染症研究所

爆発的に流行している背景やA型とB型の違いなど、今知りたいインフルエンザ情報について、近畿大学医学部附属病院 感染対策室 室長の吉田耕一郎先生に聞いた。


疑問 インフルエンザが日本中で流行してますね

吉田耕一郎先生 例年よりも患者数が増加しているようですが、新しいウイルスが流行しているわけではないようです。
ただ、今シーズンは発熱の程度が低かったり全身症状が軽かったりする人が比較的多いように思われます。
そのためにインフルエンザと気づかずに、普通の風邪と考えて外出したり仕事や学校に行く人が多く、知らず知らずのうちに、感染源となってしまっているケースが多いのかもしれません。
 
疑問 インフルエンザA型とB型はどう違うのですが?

吉田耕一郎先生
A型とB型はウイルスの構造はよく似ていますが、蛋白質の違いによって分類されます。
一般にA型のほうが、感染力が強く、症状も重くなりやすいとされ、また、A型がヒト以外の動物にもインフルエンザを起こすのに対し、B型はヒトにのみインフルエンザを発症します。
A型は遺伝子の交配により、抗原性が大きく変わって (不連続変異) 新型に変化し、 パンデミックの原因となることがありますが、B型は遺伝子の点変異はみられるものの、大きく変化することはなく、パンデミックを起こすことはないとされています。
  
驚き 処方されたタミフルをすべて服用したのに再び熱が出た、という話を聞いたのですが

吉田耕一郎先生
いったん下がった体温が、また上昇する場合、インフルエンザ後の肺炎や薬のアレルギーなども考えておく方がよいと思われます。経過が思わしくない場合は、再度、受診することをお勧めします。

疑問 ワクチンにも種類があるんですね

吉田耕一郎先生
日本では、国立感染症研究所インフルエンザワクチン株のための検討会議で、インフルエンザ流行予測を行い, ワクチン製造株の選定が行われています。
ワクチンは複数の会社で製造されますが、ワクチン製造のために用いられるインフルエンザウイルス株は同じです。ですので、予防接種は全国どこの病院で受けても同じです

思案 私が受けた予防接種が何に対応しているかを知りたいのですが・・・

吉田耕一郎先生
今シーズンは、
・A/Singapore(シンガポール)/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09
・A/Hong Kong(香港) /4801/2014(X-263)(H3N2)
・B/Phuket(プーケット)/3073/2013(山形系統)
・B/Texas(テキサス)/2/2013(ビクトリア系統)
の株が選定されています。
ご覧のとおり、A型、B型双方に対応しています。

ショック 予防接種を受けてもインフルエンザにかかることがあるって本当ですか?

吉田耕一郎先生
ワクチン株と流行株の抗原性が全く違っていれば、予防効果は低下すると思われます。
また、現在日本で使われているワクチンは、安全性には優れていて副反応は少ない反面、免疫原性がそれほど高くないため、ワクチンを接種しても十分に高い抗体が産生されない場合があります。このような場合には、同一抗原の株であっても、ワクチンの効果は限定的となり、ワクチン接種によってインフルエンザが発症しなくなる確率は、およそ60%から80%くらいと言われています。
予防接種では症状を軽減することはできますが、インフルエンザに感染するのを完全に防止することはできません。したがって、予防注射を受けていてもインフルエンザにかかることはあり得ます。


これからまだ寒い日が続き、さらにA型B型ともに猛威を奮っていくことが予想されます。自分と家族のためにも適切な予防や対処ができるようにしておきましょう。

<→「発症前に「タミフル」服用も。インフルエンザ最前線2018」に進む
<→「1週間で患者数205万人!もしかしたらその症状「隠れインフル」かも!?」に進む>
<→「所要時間わずか30秒!専門家が勧める新型インフルエンザ予防法」に進む>

記事を読む

最新の記事